Loading

PHOTO-BLOG

青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

パタゴニアの大氷河:ビエドマ氷河へ

空よりも青い氷河の「青色」は、グレイシャー・ブルーと呼ばれる。

それは宝石のサファイアブルーのように深くて、自ら発光するような青色です。
思わず嘆声を上げてしまうような奇跡の絶景と感動を、どうしたら伝えることができるだろうか。

パタゴニアは数百の氷河が流れる、岩と氷の大地です。その中でも、「ロスグラシアレス国立公園」は巨大な氷河が集まることで有名です。
代表的なペリトモレノ氷河とウプサラ氷河の次に有名なのが、ビエドマ氷河でしょう。

フィッツロイ山麓にあるので、エルチャルテン村からのアクセスが良く、私にとってはとても身近な氷河です。
ペリトモレノ氷河と同じく、末端部が50~60mの絶壁で幅は約5~6kmもある大氷河です。
ただ、ビエドマ氷河は急速に後退するという点で、ペリトモレノ氷河とは大きく異なります。

年に数十メートルも後退するほどの早さなので、氷河に覆われていた地肌が、「ヌナタク」と呼ばれる氷河の島として、いくつも顔を出しています。

氷河への上陸は、氷河展望クルーズの船に乗って、氷河末端部の島「ヌナタク」、またはサイド・モレーンに上陸します。モレーンとは氷河に押しのけられて積みあがった土砂の山です。
つい最近まで氷の下で削られていた岩はツルツルに磨かれています。油断すると滑って転倒するほどに磨き上げられています。
岩山でアイゼンを装着して、いよいよ氷河に入ります。

ビエドマ氷河ハイキング

氷河上に入ると、音が少し静かになったと感じるのではないでしょうか。
氷が音を吸収しているのか、それとも氷の尖塔群が風を遮っているのか、辺りは静寂に満たされて、人の声だけが響きます。

氷の山を一つでも越えると、迷路に迷い込んだように氷の世界に取り込まれてしまいます。
それは、あまりにも現実離れした世界です。

目指す氷河の洞窟「アイスケーブ」は、数週間もすると融けて崩れてしまう“幻の氷穴”です。

アイズケーブは、氷河の底で形成されます。氷河の融水が流れる地下水道であった氷の穴は、氷河の活動とともに徐々に下流に流される過程の中で、いくつかの氷穴は表面に顔を出すのです。

表面に出てからは、日に当たり一気に融けるので、数週間で崩れ去ってしまうわけです。

氷河の穴に入ると、その青は一際深いことに気づくでしょう。氷河の底で、膨大な圧力で圧縮された氷は密度が濃く、それだけ深い青を湛えているからです。晴れていても空が曇っていても、氷はなぜこれほどに青いのか、いつも不思議に思っています。

【動画】ビエドマ氷河:大崩壊の瞬間

下の動画は、2016年の「ビエドマ氷河」大崩壊の貴重な瞬間です。この崩壊だけで一気に数百メートルも氷河が後退したそうです。

3つの氷河ハイキング

パタゴニアで氷穴を見ることができる氷河としては、3つがお勧めです。

関連ページ

関連ページ

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動... パタゴニアの針峰群の上空に現れたオーロラのように揺らめく雲を、夕日の一線が幻想的な「色」に染め上げた。世界そのものが異次元に迷い込んだかのような息を飲むような瞬間。同じ場に立ち会わせた人々も言葉を失い、じっと空を見上げていた。 パタゴニアに訪れる朝日や夕日は、世界を一瞬だけ別の次元に変えて...
写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』... 代表・松井の写真を展示させていただきました スイス・アルプス撮影の第一人者、小川清美さんの写真教室の写真展『はじめの一歩写真展』が、10/9から1週間、銀座のギャラリー向日葵で開催されます。 小川先生と写真教室の参加者の方の力作を集めた写真展です。毎年開催している写真展も、今年で19...
フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力... チャルテン村から車と船を乗継ぎ、約一時間ほどの距離にあるのがビエドマ氷河です。アルゼンチン・パタゴニアでは最大の面積の氷河で、セロトーレの裏側の源流部から始まります。 幅が約3kmの末端部は、ペリトモレノ氷河同様に高さ40mほどの氷壁がズラリと並び、春から秋にかけて気温が高い時には氷壁が轟音を...
「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗... ブッチ・キャシディの指名手配の記事を見たのは、国道40号線のラ・レオナ牧場であった。この牧場は、国道にカフェを出していて、そこの壁に記事のコピーが貼られていたのだ。ラ・レオナ牧場は、パタゴニアにある。  かつてのパタゴニアは、流浪者の辿り着く僻地であった。詐欺師上がりの王様から、氷河に飲み込ま...
目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...

パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ

目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  2. 【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

    2014.03.26
  3. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  5. 《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

    2018.10.22
  6. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP