Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

未踏の氷原に埋もれた火山

最近パタゴニアで話題になっていることと言えば、新しい火山の発見の話題でしょう。
今なお未踏の大地が広がるパタゴニアらしい話です。

10月下旬に発見されたばかりの新火山です

衛星で偶然発見された火山は、フィッツロイ峰のすぐそばのマリアーノ・モレノ山群でした。火山灰が風に流されて帯状の痕を残していることを衛星写真が発見したのです。氷河に覆われたマリアーノ・モレノ山群は、その他のパタゴニアの山群と同じく、大地の隆起と風化が作り出した山脈と考えられていて、誰も火山が近くにあるとは思っていなかったので、大変な驚きなのです。

パタゴニアの基点となるカラファテやペリトモレノ氷河からも近く、フィッツロイ山麓のチャルテン村からはすぐそこです。
といっても、直線距離は近くても、チャルテン村と新火山の間には、フィッツロイの針峰群が連なり、その向こうには広大な雪原があるので、限られた人しか踏み込めない秘境です。

パタゴニア南部氷原とは

パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷(氷河)の塊です。南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われる、とてつもない規模の氷原です。幅30キロ・長さ300キロほどの細長い谷が、1500mほどの厚さの氷で埋め尽くされています。この巨大なパタゴニア南部氷原から溢れ出した氷が、無数の氷河として流れ出しています。その数は百以上に及び、有名なペリトモレノ氷河を始め、ウプサラ氷河やビエドマ氷河であったりします。
フィッツロイ山群も、パイネ山群も、やはりこのパタゴニア南部氷原の氷を堰き止めるようにして林立しています。

マリアーノ・モレノ山群

掲載している写真は2013年1月に撮影した写真です。この時の1週間のテント泊山行は奇跡的な快晴に恵まれて、南部氷原の対岸にあたるマリアーノ・モレノ山群も良く見えました。

広大なパタゴニア南部氷原に火山が発見されたのは、2つ目です。一つはもっと北にあるラウタロ火山です。地震の全くない南部パタゴニアでは、地震と関連する火山の存在もほとんど意識されていなかったので、この火山の発見はパタゴニアの人々にとっては大きな衝撃でしょう

探検家エリック・シプトンの探査の真偽

1958年から62年にかけて、エリック・シプトンが数回にわたり、この山域を探検しています。その中の一回では、このマリアーノ・モレノ山群の付近を踏査しました。その目的は、「ビエドマ火山」の存在の真偽を突き止めるというもので、マリアーノモレノ山群の山麓にあるビエドマ氷河の源流部に「火山」があるという、噂の真偽を突き止めようとしました。

シプトンの結論としては、ここには地熱による氷河の融解もなく、「火山」は無いと結論付けていたので、シプトンの探検の結論も早急だったのかもしれません。

今後、アルゼンチン・チリ両国は探検隊を作り、実際に人を派遣して調査する計画を、さっそく国家ぐるみで始めています
いずれにせよ、21世紀になっても、人智の及ばない地域があるということは、人々のイマジネーションを掻き立てる一種のロマンです。とてもパタゴニアらしい話でワクワクしてきます。

関連ページ

動画:パタゴニア南部氷原

関連ページ

関連ページ

パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)... 4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。 日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。 降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。 日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。 夏に比べて寒さは厳しくな...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第12号の見出し

奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  2. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  3. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  4. パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

    2015.02.28
  5. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  6. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP