Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

1.jpg
2.jpg

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)

ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。
ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。
氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。
コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見えた。
氷河の水源地となる大陸氷床のセロトーレ周辺部から、末端までの約30キロほどの距離で、氷河の表情は刻々と変化していった。
そうして最後に、ビエドマ氷河はビエドマ湖に没することになる。
広大な大氷原から流れ出た氷河は、狭い谷を大変な圧力とともに流れて行く。
それが氷河谷だ。
近い未来にこのビエドマ氷河も後退して、美しい谷が生まれるのかもしれない。
3.jpg
4.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」... 南極ブナの森に生きる大型キツツキ パタゴニアのマゼラン・キツツキは、南米で一番大きなキツツキだ。 南極ブナの森だけに棲息する。 フィッツロイ山麓では、割と簡単に見つけることができる。 誰もいない森の中でじっとしていれば、コツコツと木を突く音が聞こえてくる。 木の幹に潜む虫を捕らえるため...
秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①... パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。 南極ブナが紅く染まる。 日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。 パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。 降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。 ...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...

パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

関連記事

  1. パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

    2016.04.08
  2. パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

    2015.08.24
  3. ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

    2014.07.17
  4. パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

    2016.03.25
  5. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  6. 大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.29
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP