Loading

PHOTO-BLOG

紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)


4月上旬から中旬にかけて、パタゴニアは南極ブナの紅葉の季節を迎える。

日に日に気温は下がり、雪もたびたび降るようになる。
降雪を繰り返すたびに、南極ブナも一段と紅くなっていく。

日本の紅葉と違い、南極ブナの紅葉はもっと時間をかけてじわじわ紅くなる。

夏に比べて寒さは厳しくなるが、フィッツロイが最も美しい季節でもあるのだ。

関連ページ

秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①... パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。 南極ブナが紅く染まる。 日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。 パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。 降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。 ...
プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫... 今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。 フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備してい...
《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ... パタゴニアで嵐が起きると、手を付けられないほどに暴風が吹き荒れる。 いつ止むともしれない悪天であるが、それは吉兆でもある。 嵐の後には、得も言われぬ絶景に恵まれることが多いからだ。 雲の動きが早ければ、いっそう目を離すことができないだろう。 突然現れて来る絶景を望むためには、...
フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...

山岳写真撮影:カメラ機材を運ぶ専属ポーター手配

八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する

関連記事

  1. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  2. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
  3. 世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

    2012.07.30
  4. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  5. 紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓

    2016.04.27
  6. パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

    2015.03.21
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP