Loading

風景写真家・松井章のブログ

山岳写真撮影:カメラ機材を運ぶ専属ポーター手配


山岳写真の撮影に、トレッキング(山歩き)を含める場合には、カメラ機材を運ぶ「ポーター」がいるかどうかは重要です。

共同装備や個人装備の一部は、リャマやロバ、またはヤクが運びます。

カメラ機材の運搬は、荷役の動物に乗せるわけにも行きませんので、「専属ポーター」をカメラポーターとして雇うのがベストです。

カメラポーターはトレッキング中も一緒に歩くので、重いカメラ機材は全てポーターに持たせて、撮りたい時にポーターにカメラを出してもらうこともできます。
ちょっとしたアシスタント的な役目です。

ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)

関連記事

  1. BA Styleコラム1月号:エル・アテネオ “世界で2番目に美しい本屋”

    2022.01.13
  2. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
  3. パタゴニアの暴風のシンボル“斜めに育つ木”

    2021.12.13
  4. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉に染まる

    2020.11.18
  5. 貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠

    2018.02.03
  6. 国際文化紹介展示「未来のために残したいもの」

    2021.09.17
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP