Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの民族史①

patagonia1 (8).JPG
22時頃、カラファテの遅い日没
パタゴニアの歴史は、もしも欧米人による侵略を基準に考えたのなら、まだたった400年の歴史です。そして、開拓されてからはたった100年ほどしか経っていません。短い歴史ではありますが、その100年にはとても多くの物語があり、パタゴニア史を魅力的なものにしています。先住民の観点から見れば1万年の歴史があり、はるかベーリンジアを渡って来たモンゴロイドの無言の歴史も存在します。
19世紀末から始まる羊牧により、パタゴニアの歴史は大きく変わりました。それまで地の果ての荒れ地として商業的な価値はなく、スペインの侵略後も300年以上放置された土地が、人類の歴史から見れば“突如”注目を浴びたのです。
パタゴニアに地生するコイロンが羊牧に最適であったことや、独立したアルゼンチンとチリに国境確定の必要性が生じたことなどがあります。それらの要素が不思議に絡まりあい、パタゴニアは歴史の表舞台に現れることになりました。羊毛ラッシュとも言われる時代の中で、一攫千金を夢見て、あるいは郷から逃亡して、ヨーロッパから移民がやってきます。それはゴールドラッシュでアラスカに移民が押し寄せたのと、時を同じくします。アルゼンチンとチリ両国は実効支配地域を増やすために開発を競い、政府はパタゴニアをパッチワークのように区切り、移民に土地を譲渡します。それは先住民や野生動物にとっては大きな悲劇の始まりであり、同時に躍動的なパタゴニア史の一つの新しい局面が始まる時代、「過渡期」でもあったのです。
<つづく>

関連ページ

パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験... 天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。 たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さ...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①... パタゴニアの開拓史は、私にとって一番魅力的な時代です。 なかでも20世紀初めのアゴスティーニ神父が活躍した時代が、パタゴニア開拓史で最も輝いて見えます。 とてつもない自然を前に、開拓民が繰り広げた苦労の歴史は、後世の私にはとても躍動的な時代に見えるからでしょう。圧倒的な自然を前に茫然としなが...
ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議... 温暖化で後退する氷河は世界共通の問題です。 ヒマラヤでは、多くの氷河湖が決壊の危機に瀕している。それは下流に住む多くの住民の命に関わる問題です。 近くのウプサラ氷河は、過去100年で20キロも後退している。温暖化を象徴する氷河として、映画「不都合な真実」でも取り上げられました。 しかし、ペ...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...

「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  2. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  3. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  4. パタゴニアの3種類の南極ブナ①:落葉樹「レンガ」

    2015.09.18
  5. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  6. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP