Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの民族史①

patagonia1 (8).JPG
22時頃、カラファテの遅い日没
パタゴニアの歴史は、もしも欧米人による侵略を基準に考えたのなら、まだたった400年の歴史です。そして、開拓されてからはたった100年ほどしか経っていません。短い歴史ではありますが、その100年にはとても多くの物語があり、パタゴニア史を魅力的なものにしています。先住民の観点から見れば1万年の歴史があり、はるかベーリンジアを渡って来たモンゴロイドの無言の歴史も存在します。
19世紀末から始まる羊牧により、パタゴニアの歴史は大きく変わりました。それまで地の果ての荒れ地として商業的な価値はなく、スペインの侵略後も300年以上放置された土地が、人類の歴史から見れば“突如”注目を浴びたのです。
パタゴニアに地生するコイロンが羊牧に最適であったことや、独立したアルゼンチンとチリに国境確定の必要性が生じたことなどがあります。それらの要素が不思議に絡まりあい、パタゴニアは歴史の表舞台に現れることになりました。羊毛ラッシュとも言われる時代の中で、一攫千金を夢見て、あるいは郷から逃亡して、ヨーロッパから移民がやってきます。それはゴールドラッシュでアラスカに移民が押し寄せたのと、時を同じくします。アルゼンチンとチリ両国は実効支配地域を増やすために開発を競い、政府はパタゴニアをパッチワークのように区切り、移民に土地を譲渡します。それは先住民や野生動物にとっては大きな悲劇の始まりであり、同時に躍動的なパタゴニア史の一つの新しい局面が始まる時代、「過渡期」でもあったのです。
<つづく>

関連ページ

「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家... 「地の果て」パタゴニアとは パタゴニアを東西に分けるアンデス山脈を境に、東側のアルゼンチンには広大な草原が広がります。 南緯40°~55°、南北約1600kmにわたる大草原です。 大西洋からアンデスを越えて吹き付ける偏西風は、時に人が吹き飛ばされるほどの威力で、暴風が吹き荒れます。 常に...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...

「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

    2015.06.03
  2. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
  3. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  4. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  5. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  6. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP