Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

1.JPG
行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。
音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。
夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。
風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く小さな音。氷河の崩れる遠く鳴る音。
そんな感覚は普段の生活で全く必要ないですが、山や森にいる時にはその鋭さが、より豊かな体験をもたらすのではと思います。
パタゴニアの名峰を見ながら歩く。
経験に応じて正しいトレッキングのアレンジをすれば、誰でも歩けます。
アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓には、そのような条件があるので、パタゴニア・トレッキングでは一押しの場所としてお勧めします。
2.JPG
3.JPG

【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

関連記事

  1. パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

    2014.08.26
  2. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  3. フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

    2015.06.01
  4. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  5. パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活

    2016.04.08
  6. パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進

    2016.02.16
パタゴニア
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP