Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

1.JPG
行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。
音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。
夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。
風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く小さな音。氷河の崩れる遠く鳴る音。
そんな感覚は普段の生活で全く必要ないですが、山や森にいる時にはその鋭さが、より豊かな体験をもたらすのではと思います。
パタゴニアの名峰を見ながら歩く。
経験に応じて正しいトレッキングのアレンジをすれば、誰でも歩けます。
アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓には、そのような条件があるので、パタゴニア・トレッキングでは一押しの場所としてお勧めします。
2.JPG
3.JPG

関連ページ

オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...
パタゴニアの氷河の痕跡:迷子石 「迷子石」とは、氷河によって運ばれた石が、氷河の後退によりその場に残された石のことだ。 “取り残された”という佇まいであることから、迷子石と呼ばれる。 石の組成を調べることで、氷河がどのように分布したのかを知ることができる。 パタゴニアは、かつて巨大な氷河に覆われていた。 アルゼンチン湖...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...

【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  2. 深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤

    2015.10.16
  3. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  4. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  5. パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

    2016.04.25
  6. 2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

    2012.01.15
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP