Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

1.JPG
行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。
音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。
夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。
風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く小さな音。氷河の崩れる遠く鳴る音。
そんな感覚は普段の生活で全く必要ないですが、山や森にいる時にはその鋭さが、より豊かな体験をもたらすのではと思います。
パタゴニアの名峰を見ながら歩く。
経験に応じて正しいトレッキングのアレンジをすれば、誰でも歩けます。
アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓には、そのような条件があるので、パタゴニア・トレッキングでは一押しの場所としてお勧めします。
2.JPG
3.JPG

関連ページ

パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...

【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

パタゴニア

関連記事

  1. 【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる

    2014.03.26
  2. パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」

    2014.12.11
  3. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  4. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  5. パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

    2014.04.19
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP