Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

1.JPG
行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。
音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。
夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。
風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く小さな音。氷河の崩れる遠く鳴る音。
そんな感覚は普段の生活で全く必要ないですが、山や森にいる時にはその鋭さが、より豊かな体験をもたらすのではと思います。
パタゴニアの名峰を見ながら歩く。
経験に応じて正しいトレッキングのアレンジをすれば、誰でも歩けます。
アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓には、そのような条件があるので、パタゴニア・トレッキングでは一押しの場所としてお勧めします。
2.JPG
3.JPG

関連ページ

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...
オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日... オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲 世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。 パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形...

【営業所移転のお知らせ】新営業所は、JR中央線・阿佐ヶ谷です。

ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く

関連記事

  1. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  2. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  3. パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

    2018.04.05
  4. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  5. パタゴニア・ウプサラ氷河の後退と氷河谷

    2014.01.29
  6. 180°SOUTH

    2011.01.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP