Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

サレジオ会の神父=探検家

アゴスティーニ神父は、パタゴニア開拓が活況を迎えた20世紀前半の探検家だ。

サレジオ会の神父であるのだが、生涯をかけてパタゴニアの未踏の山域を歩き、写真と文章で多くの記録を残した。パタゴニアの歴史では探検家として名を馳せた有名人だ。その功績によりマゼラン海峡沿いの町・プンタアレナスの博物館では、彼の遺品を集めた大きなコーナーもあるほどだ。

アゴスティーニ神父が他の探検家と大きく異なる点は、その「写真」にある。約100年前の写真にも関わらず、現代の私たちが見ても魅入るような普遍的な魅力の写真を大量に遺したのだ。

神父自身が当時の大きなカメラ機材で撮影する姿を写した写真を見たことがある。防寒具や機材も含めて全く整わない時代でありながら、パタゴニアを隈なく写真に撮り続けるには、大変な情熱とエネルギーが必要であっただろう。

アゴスティーニ神父の代表作『パタゴニア・アンデス』

彼の作品は、立派な装丁の本となり、ブエノスアイレスで何冊も出版されている。
その代表作が『パタゴニア・アンデス』だ。

ヨーロッパでは、それまで「パタゴニア」という地域は、魔物が住むような地の果てと思われていた。アゴスティーニ神父の作品により、多くの人のロマンを掻き立てる身近な存在となったことだろう。

撮影の対象はパタゴニアの全てに及んだ。先住民、植物、草原、山、氷河。今でも入域が困難な“パタゴニア氷原”の写真も大量に残している。
一ヶ月かかるような遠征を何度も繰り返した当時のその苦労は大変なものだったはずだ。山に取りつく前に、凍てつく氷河湖を手漕ぎボートで横断したりと、山登りだけではなく、現代でいえばまるでアドベンチャーレースのような総合的な探検であったのだ。

今では記録的な価値としても非常に高い。約100年前のパタゴニアのあらゆる姿を残しているので、当時と今の比較をできるからだ。
たとえば、ペリトモレノ氷河やウプサラ氷河の写真がある。100年前のそれぞれの氷河の姿が見ると、ペリトモレノ氷河は100年前と同じ状態で、ウプサラ氷河は大きく後退したことが一目で分かる。

今でも現地パタゴニアで生きる人々にとって、アゴスティーニ神父はヒーローのような存在だ。
神父でありながら、パタゴニアの真の姿を公にした探検家であり、パイオニアなのだ。

関連ページ

パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②... アンドレ・マドセンがわずかな羊と馬を連れて、フィッツロイ山麓に単身で開拓を始めた時代、パタゴニアではヨーロッパからの移民が競うように入植を始めました。ウプサラ氷河の畔では、マスターズ一家がやはり裸一貫でクリスティーナ牧場を拓いた時です。 1900年代の初頭。この時代はパタゴニアの歴史で、最も賑...
「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検... 「嵐の大地 パタゴニア探検 1958~1962」は、エリック・シプトンが後半生をかけることになるパタゴニア探検の前半のものです。 ネパールやインドのヒマラヤ山脈、パキスタンのカラコルム山脈で勇名を馳せたエリック・シプトンが、探検の新たな舞台にパタゴニアを選んだ時、既に彼は50歳でした。 ...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①... 北半球の冬至は、南半球では夏至にあたります。冬至の昨日は、太陽が南緯23.5度の南回帰線の真上に位置していました。 このように北半球と南半球では、赤道を基点に季節のリズムに「半年のずれ」があります。 この半年のずれは、生き物の生息には時に大変な壁となります。種子が発芽する植物は順応が比較的に...
パタゴニア南部氷原フィッツロイ一周トレッキング... パタゴニア南部氷原 フィッツロイ一周トレッキング 「パタゴニア南部氷原トレッキング」の動画を作成しました。 You Tubeにアップしましたので、ぜひご覧ください。 ※画質設定を“1080p60” にするとハイビジョンで見れます。 パタゴニア南部氷原とは パタゴニア南部氷原(大...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...

「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

謹賀新年2017:悠々と舞うコンドルに寄せて

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  2. パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

    2015.10.13
  3. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  4. 記録的な好天が続くパタゴニア

    2013.01.22
  5. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  6. 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレ…

    2015.11.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP