Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿

フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。
ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。
一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。

2年前は、この森で絶滅危惧種のウエムル鹿に会いました。極端に臆病なこの鹿はめったに人前に姿を現しません。チャルテン村に住む人でも見たことのない人がいるほどです。

昨年はこのキャンプをピューマが通ったとスタッフが大騒ぎしていました。キッチンテントで作った食事をダイニングテントに持って行こうと外に出たところ、ピューマが悠然と通り過ぎたそうです。ピューマもまた、めったに人前に現れない希少な動物です

この森は数年前まで人が一切入らなかったので、今も彼らのテリトリーであるのでしょう。彼らにしてみれば、我々ヒトこそが侵入者であるのです

ピューマは人を襲う危険な動物という誤ったイメージがあります。用心深く彼らはそもそも人前に現れず、人を襲うこともありません。といっても2m以上もあるネコ科のピューマが目の前を歩けば、驚くことでしょう

ピューマに眼の前で出くわした彼は、羨望の的なのです

人を襲わないといはいえ、条件によっては命を狙われることもあるのです。

そんなピューマにまつわる話が他にもありますが、それはまた別の記事で書きます。

関連ページ

関連ページ

果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...

アラスカの大展望のカリブー・ロッジで、オーロラ観測

ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

    2016.12.30
  2. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  3. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  4. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
  5. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  6. 大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.29
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP