Loading

PHOTO-BLOG

ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

ドレーク海峡とアホウドリ -探検船で行く南極クルーズ-

南米の最南端・アルゼンチンのウスアイアから南極へ向かうクルーズはいくつもありますが、アンディーナトラベルでは「探検船」での旅をお勧めしています。

弊社がお勧めする探検船・ヘブリディーンスカイ号は、乗客は最大で約100人ほどの比較的に小型~中型の船でのクルーズです。
その機動力を武器に、南極半島では一日中たっぷり使い、上陸を繰り返します。
夏は白夜ですので、朝から夜まで明るい時間はフルに使います。

約100名の乗客に対して、乗員は60人ほどもいますので、クルーズ船中のサービスも実に豪華です。食事も実に多彩で、船旅中に食や施設のサービスで困ることは無いでしょう。お部屋ではホットシャワーもふんだんに使えます。
部屋には一日2・3回はルームメイキングが入り、朝・昼の食事はビュッフェ、夕食は豪華なコース・ディナーです。

乗客はアメリカ人を中心に、世界中から冒険を求めてやってきます。
好奇心豊かで楽しむことに貪欲な欧米人とともに、船旅を遊び尽くすのが「探検船」の魅力です。
参加者にはアウトドアを好む人が多いことから、キャンプやカヤックなどのオプションもあります。
そんな探検船でのクルーズを、これからシリーズでご案内して行きます。

「絶叫する60度」ドレーク海峡

船旅の最初の難関は、南米大陸と南極半島の間の「ドレーク海峡」です。
約2日間をかけて、このドレーク海峡を通過します。
「絶叫する60度」とも言われる南緯60度では、時に船は大きく揺れるでしょう。

陸から数百キロも離れた大洋のど真ん中でも、船の周りにはアホウドリが旋回して飛んでいます。
どのように船を見つけ、休憩する場所もないのに飛翔できるのか不思議に思えます。
このアホウドリの秘密は、その大きな巨躯にあります。
翼を広げると3.5mにもなるアホウドリは、巨大な翼でグライダーのように羽ばたかずに飛翔できるのです。

2日間の移動中も、南極半島での上陸に備えて各ブリーフィングを行います。乗船ガイドはそれぞれ専門分野を持っているので、ガイドごとにスライドショーや、時には船上で野鳥の調査などを体験できるので、ドレーク海峡の通過中もなかなか忙しくなります。

その厳しいドレーク海峡を通過して、“静寂”の南極半島にいよいよ到着します。

南極:専用ページ

関連ページ

南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ... ジェルラッシュ海峡にて-探検船で行く南極クルーズ- 南極クルーズのモーニングコールは、チーフ・ガイドによる船内放送だ。 朝6時に、船内放送で、船はいよいよ南極大陸に到着して、ジェルラッシュ海峡を通過していることを告げられた。 慌てて飛び起きて部屋のカーテンを開けると、朝焼けに橙色に染ま...
南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ... クールビル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷河から崩れ落ちた氷塊は、南極の海のあちこちに浮いている。 クールビル島の海岸は静かな内湾に面しているので、氷塊が大量に流れ込み、内湾にぎっしり漂っていた。 このような場所は、アザラシにとって格好の休憩場所となるのだろう。 陽が最も高い...
氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー... アルミランテ・ブラウン基地から、パラダイス・ハーバーに入り込むと、雰囲気ががらりと硬質に変わった。 周囲をぐるりと氷河に囲まれて、水面は鏡のように凪いでいる。 ゾディアックボートは静かに湾の奥へと進むと、一段と空気が冷えてきたようだ。 厚い雲に覆われた外気は冷たく、海水の表面の温度...
サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ... 南極の入口:サウス・シェットランド諸島に上陸-探検船で行く南極クルーズ- ウスアイアから2日間かけてドレーク海峡を越え、ようやく南極に到着する。 大洋のかなたにぼんやりと陸地が見えてきた時には、少し安堵する気持ちとともに、南極大陸への期待に船内が静かに湧き立つのを感じる。 南緯62度の...
パラダイスハーバー②:単独航海の冒険家とヨット... パラダイスハーバーを奥へと入り込むと、小さなヨットが停泊していた。 凪いだ水面は鏡のように反射していて、氷河を背にするヨットの光景はあまりにも非現実的で目を疑う。 この小さな船でドレーク海峡を越えてきたのだ。 船内から中年の男性がジャケットのポケットに手を突っ込んだまま、こちらを無関心...
南極ゾウアザラシのハーレム:サウス・シェットランド諸島にて... 圧倒的な南極大陸の氷の世界の前に -探検船で行く南極クルーズ- 南極大陸の白と青の氷の世界を前にして、最初に上陸するサウスシェットランド諸島では、意外にも多くの沿岸部で陸地が露出している。 「南極はこんなものか」と早とちりしてしまうだろうだが、そのぶん翌日からは南極らしい絶景に驚愕することに...

パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ

パタゴニア

関連記事

  1. 南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ

    2017.03.18
  2. サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ

    2017.03.03
  3. 南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ

    2017.04.11
  4. 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル

    2017.04.30
  5. 南極大陸の氷上キャンプ:ペンギンとともに眠る極上体験

    2017.04.03
  6. 南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ

    2017.03.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP