Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

パタゴニアのもう一つの主役:レンズ雲

パタゴニアの魅力の一つが「雲」にあることは、実際に行ってみると納得がいくことでしょう。

西からの暴風に飛ばされて生じる「レンズ雲」と呼ばれる不思議な高積雲は、パタゴニア名物と言っても良いほどです。

その雲の形は、ときにこの世の終わりを感じさせるような不気味さで迫ったり、この世ならぬ世界に入り込んだかのように感じさせたり、と今までの世界観では処理しきれないインパクトです。

オーロラのように雲が輝く:朝日と夕日

雲が織りなす華麗なドラマはいつでも起こり得るので、休憩時間といえども屋内にいると、それだけ損をしてしまうようです。結果としてパタゴニアでは一日中ずっと外で過ごし、空から目が離せません。

特に、朝や夕方は、パタゴニアで最も美しい時間帯です。熱帯のアマゾンと異なり、何時間もかけてじわじわと空の色は変化して行きます。朝焼けや夕焼けになるには、いくつもの幸運な自然条件が重なる必要があるので、何時間も空を見つめ続けて、無事に大空のドラマがクライマックスを迎えるどうかは分かりません。

その幸運な瞬間に、もしもレンズ雲が浮かんでいたならば、まるでオーロラのように輝きうねるでしょう。

エルチャルテン村の草原やフィッツロイ、そしてカラファテでは、レンズ雲を確実にみることができるのです。

関連ページ

【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日

個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)

関連記事

  1. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  2. 記録的な好天が続くパタゴニア

    2013.01.22
  3. 《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁

    2016.10.28
  4. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
  5. アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち

    2018.07.27
  6. パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

    2015.10.07
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP