Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

3.JPG
2.JPG
パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。
アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量に残しました。
1941年に発刊されたこの著作は、1915年に始まった探検の記録をまとめた本ですので、今から約100年前の記録となります。
上の写真は、その「Andes Patagonicos」に載せられている写真です。フィッツロイ直下の岸壁から流れ落ちる懸垂氷河、ピエドラ・ブランカ氷河です。
下の写真は、3年ほど前に私が撮影した写真です。
氷河のボリュームが小さくなったのが、明らかにわかります。
過去の記録とは、現在の状況を客観的に見極める媒体となり、過去と現在を結ぶことで未来を示唆する、一つの材料として大切なものです。

関連ページ

降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア... 日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。 極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。 この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。 その繰り返しの後、雪の融けないあ...
フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②... 南極ブナの樹林帯を抜けると、視界は一気に広がり、フィッツロイが目の前に聳えている 普段とは違う角度なので形は少し異なるが、やはり堂々としたものだ フィッツロイとセロトーレの両方を同時に望める大展望だ 反対側を望めば、景色は一変して、乾燥したステップ帯に卓状台地が延々と連なる、アルゼンチ...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア... フィッツロイ山群で天候が悪化するときには、フィツロイよりも先に、セロトーレが雲に包まれることが多い。 空は概ね晴れているが、分厚い雲がセロトーレだけを不気味に覆っていることがよくある。セロトーレ付近が、台風のような強烈な嵐に見舞われる時の天気だ。 パタゴニア大陸氷床から流れてきた悪天の影響を...

パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

パタゴニア開拓に貢献したエスタンシア-牧場

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  2. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  3. パタゴニアの氷河の源で起こる異変

    2015.05.10
  4. 2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)

    2012.01.29
  5. トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア

    2016.12.15
  6. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP