Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

3.JPG
2.JPG
パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。
アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量に残しました。
1941年に発刊されたこの著作は、1915年に始まった探検の記録をまとめた本ですので、今から約100年前の記録となります。
上の写真は、その「Andes Patagonicos」に載せられている写真です。フィッツロイ直下の岸壁から流れ落ちる懸垂氷河、ピエドラ・ブランカ氷河です。
下の写真は、3年ほど前に私が撮影した写真です。
氷河のボリュームが小さくなったのが、明らかにわかります。
過去の記録とは、現在の状況を客観的に見極める媒体となり、過去と現在を結ぶことで未来を示唆する、一つの材料として大切なものです。

パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

パタゴニア開拓に貢献したエスタンシア-牧場

関連記事

  1. パタゴニアの風の造形:レンズ雲と斜めの木

    2019.05.08
  2. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  3. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
  4. パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)

    2017.01.19
  5. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  6. 前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

    2015.04.20
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP