Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

3.JPG
2.JPG
パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。
アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量に残しました。
1941年に発刊されたこの著作は、1915年に始まった探検の記録をまとめた本ですので、今から約100年前の記録となります。
上の写真は、その「Andes Patagonicos」に載せられている写真です。フィッツロイ直下の岸壁から流れ落ちる懸垂氷河、ピエドラ・ブランカ氷河です。
下の写真は、3年ほど前に私が撮影した写真です。
氷河のボリュームが小さくなったのが、明らかにわかります。
過去の記録とは、現在の状況を客観的に見極める媒体となり、過去と現在を結ぶことで未来を示唆する、一つの材料として大切なものです。

関連ページ

パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②... (続き) ここで起きた現象をさらに詳しく説明する。西岸の牧場と氷河の間、入り江の幅は、サムシンの資料によれば、彼が牧場建設を決めた時である1925年の初めの時点では、約1キロと測定されていた。そのために、まさか氷河が横断してくるとは思いもしなかったのだ。しかし、1926年の9月中旬ころ、サムシ...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア... トレス湖への斜面では、南極ブナ・レンガの適応能力を分かりやすく目にする事ができます。標高約700mから標高約1,100mまで上がるにつれて、南極ブナの背も低くなっていきます。標高が上がるにつれて、気温だけではなく、風も強くなることで、植物にとっての生育環境も厳しくなります。 この環境の変化に応...
パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。 ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。 氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。 コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見え...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...

パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

パタゴニア開拓に貢献したエスタンシア-牧場

パタゴニア

関連記事

  1. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
  2. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  3. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  4. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  5. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  6. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP