Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ③ アタカマ塩湖とインカ道

DSCN0122.JPG
アタカマ塩湖
世界第2の塩湖・アタカマ塩湖は、サン・ペドロ・デ・アタカマ村の近くにあります。
荒涼とした砂漠や火山に囲まれた、ここも異世界。
ウユニ塩湖と違い、表面は粗い塩に覆われ、水も湛えています。
フラミンゴをきっと見るでしょう。
この塩湖の水には、プランクトンがたくさんいるからです。
立ったまま眠っているフラミンゴも見れるかもしれません。
下の写真は、塩湖の近くにあるインカ道です。
クスコを中心に網の目のように張り巡らされたインカ道は、アタカマ高地にも、かすかに残ります。
ここもチリ側・アタカマ高地です。
DSCN0059.JPG
インカ道

関連ページ

アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”... チリ・アタカマ砂漠の花園 "デシエルト・フロリド" 世界で最も乾燥した砂漠と言われる“チリ・アタカマ砂漠”では、世界でも稀な奇跡が、約4年に一回だけ起こります。 わずか10日間ほどだけ、巨大な花園「デシエルト・フロリド」が現れるのです。英語では、フラワーリング・デザート呼ばれます。 ...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...
イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内... 南米チリの北半分を占める「アタカマ砂漠」は、世界一乾燥した砂漠として有名です。 チリの大西洋岸に沿って南極から北上するフンボルト海流は、数年に一度だけ、この砂漠に奇跡のようなドラマを演出します。 『アタカマの「天」と「地」』。過酷な地にも関わらず咲く「花」と、過酷な地だからこそ見ることができ...
アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷... 周囲には火山がたくさんあります。 月の谷 アタカマ高地は、チリ北部とボリビア南部に広がる高原の名前です。標高は2500~4500mくらいで、大平原に、不思議な湖や山が点在しています。道はオフロードで、まさに秘境気分たっぷりな場所です。 通常では、高所順応をうまくするために、チリ側から入ります。基...

グアテマラの「青い空の会」

「青い空の会展示会」のお知らせです

関連記事

  1. <動画>アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”

    2016.10.01
  2. モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

    2018.05.12
  3. チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園

    2018.09.09
  4. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  5. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  6. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP