Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ③ アタカマ塩湖とインカ道

DSCN0122.JPG
アタカマ塩湖
世界第2の塩湖・アタカマ塩湖は、サン・ペドロ・デ・アタカマ村の近くにあります。
荒涼とした砂漠や火山に囲まれた、ここも異世界。
ウユニ塩湖と違い、表面は粗い塩に覆われ、水も湛えています。
フラミンゴをきっと見るでしょう。
この塩湖の水には、プランクトンがたくさんいるからです。
立ったまま眠っているフラミンゴも見れるかもしれません。
下の写真は、塩湖の近くにあるインカ道です。
クスコを中心に網の目のように張り巡らされたインカ道は、アタカマ高地にも、かすかに残ります。
ここもチリ側・アタカマ高地です。
DSCN0059.JPG
インカ道

関連ページ

《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島... 南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間 ◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。 ◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。 南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テン...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)... 気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園 数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ち...
アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖... ミスカンティ湖でピクニック 荒涼としたアンデスの高原(アルティプラーノ) 青空がどこまでも青いアタカマ高地。 チリ側アタカマ塩湖から東へ少し移動して、ミスカンティ湖へ。 アタカマ塩湖周辺の標高は2500mほどですが、お昼ご飯は標高4000mまで上がり、高原のミスカンティ湖でピクニック・ランチです...
アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ... アタカマ砂漠に現れる奇跡の花園 エルニーニョ現象が出現する数年に一度わずか10日間ほど、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花に覆われる。この奇跡のような絶景を想像できるだろうか。上空から砂漠を見下ろせば、砂漠が紫色に輝くほどだ。 世界には人智を超えたとてつもないスケールの生命の風景があり、私...
古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...

グアテマラの「青い空の会」

「青い空の会展示会」のお知らせです

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山

    2018.05.12
  2. 《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

    2017.06.13
  3. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  4. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
  5. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  6. 砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」

    2017.09.12
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP