Loading

PHOTO-BLOG

南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

約2500mの大岩壁を望む

「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。

南米最高峰アコンカグア(6960m)は、アルゼンチンとチリの国境に位置する。チリの首都サンティアゴからのアクセスが良いのでチリの山と思われているが、山頂部だけではなくルートも全てアルゼンチン側にあるので、アルゼンチンの山と認識する方が正しい。
基点となる町は標高約800mの「メンドーサ」だ。アルゼンチン一のワインの産地であり、アンデスの山麓に広大な葡萄園とオリーブ園が広がる。
日本ではチリ・ワインが有名だが、それは多分にチリの立地が太平洋側にあることによる。チリ・ワインは日本への海路でのアクセスが良いので輸送コストが引くため、さらに関税が低いのでとても安値なのだ。アルゼンチンのワインは、ブエノスアイレスから送るので大西洋側となり、販売先も自然とアメリカやヨーロッパが中心となる。
南米大陸を南北に貫くアンデス山脈も、首都ブエノスアイレスよりも、チリの首都サンティアゴの方が近く、アンデス越えを含むものの陸路で約5時間ほどでアクセスできるのだ。メンドーサとサンティアゴを結ぶ、この峠は、19世紀始めにアルゼンチンの英雄サン・マルティン将軍が、スペインからのチリ独立を支援するために越えた友情の峠としても有名だ。

アコンカグアを展望するには、テント泊のトレッキングが必要となる。登山口オルコネス(2980m)から出発して徒歩約4時間で、ベースキャンプであるコンフルエンシア(3350m)に到着する。このベースキャンプはアコンカグア登頂でも基点となるので、シーズン中の12月~2月は、ちょっとしたテント村になる。展望トレッキングでも、このベースキャンプが基点なのだ。

展望トレッキングでは、ベースキャンプに連泊をして、南壁の展望台(4080m)を目指す。この展望台からは標高差2500mの大岩壁を望むことができ、アコンカグアを間近で望める唯一の展望でもあるのだ。南米最高峰を登頂することは叶わないが、その展望を楽しみに行くのはいかがだろうか。

トレッキングのレベルとしては、決してハードではなく、高所順応日をしっかりと設けることで高山病の影響を十分に少なくできるだろう。ネパール・ヒマラヤをご存知の方であれば、ナムチェを往復するトレッキングと同程度といえば、イメージしやすい。
テントや食料などの共同装備はロバで運ぶので、ネパール・ヒマラヤと同じく、トレッキングは日帰り装備で歩く。

【トレッキング・データ】
・登山口(2980m)=コンフルエンシア(3350m)間:歩行距離/約6km、歩行時間/約4時間
・コンフルエンシア(3350m)=南壁展望台(4080m)間:歩行距離/約6km、歩行時間/約6時間
※歩行時間に休憩時間は含めておりません

特別企画「アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰登頂ハイキング 13日間」

★催行決定★ 2018年2月7日~2月19日
「アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰登頂ハイキング 13日間」
南米最高峰アコンカグア南壁を展望するテント泊トレッキングでは、高所順応日を十分に予備日に設けています。そして太平洋の孤島イースターでは最高峰テレバカに登頂します。旅の最後は、モアイの立つ海岸で朝日を望みます。
※アンディーナトラベル・クラブ会員限定の特別企画です。ご興味のある方は、お問い合わせください。

アンディーナトラベル・クラブ専用ページ

アンディーナトラベル・クラブ専用ページ
●詳細は、アンディーナトラベルにご入会のうえ、お問い合わせください。

関連ページ

イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...
モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...
南米最高峰アコンカグアへ②:ベースキャンプ -コンフルエンシア... アコンカグアのベースキャンプは、3400mのオルコネス谷の「コンフルエンシア」だ。「コンフルエンシア」とはスペイン語で「合流点」を意味する。 このベースキャンプから谷は2つに分かれて、一方は登頂ルート、もう一方は南壁展望台へと向かう。山頂への登山者や、展望台へ向かうトレッカーで賑わっており、大...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ... 朝日の最初の光線がアコンカグアを照らすと、黎明に浮かぶ山頂部は一瞬で橙色に燃えるように輝いた。 静かな朝だが、上空は風が強いのだろう。山頂部に雪煙が舞っている。 日の光はますます力を増して、ベースキャンプに日が差すと、水たまりの氷はみるみる融けて、気温は一気に上がっていく。 ベース...

アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  2. イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代

    2018.11.26
  3. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  4. アルゼンチン北部・サルタ地方の魅力:7色の谷と大塩湖

    2017.09.11
  5. アタカマ高地からウユニ塩湖へ③ アタカマ塩湖とインカ道

    2012.06.06
  6. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP