Loading

PHOTO-BLOG

アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂


アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアー「アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂」ツアーの企画を詰めています。
2月中旬の日本発着13日間で、南米最高峰アコンカグアをたっぷりと望む充実のテント泊トレッキング、イースター島では最高峰テレバカ登頂とともに日の出や星空も望む、特別な企画です。
会員の方には、近日中にご案内をお送りいたします。
また、アンディーナトラベル・クラブにご興味のあるのは、お気軽にお問い合わせください。

関連ページ

古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...
イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
南米最高峰アコンカグアへ②:ベースキャンプ -コンフルエンシア... アコンカグアのベースキャンプは、3400mのオルコネス谷の「コンフルエンシア」だ。「コンフルエンシア」とはスペイン語で「合流点」を意味する。 このベースキャンプから谷は2つに分かれて、一方は登頂ルート、もう一方は南壁展望台へと向かう。山頂への登山者や、展望台へ向かうトレッカーで賑わっており、大...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...
《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島... 南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間 ◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。 ◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。 南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テン...
南米最高峰アコンカグアへ④:アンデス高原の花畑... 巨大なアコンカグアの迫力を前に、山々の展望に目を奪われるが、ふと目を地面に落とせば、そこには花々の世界があった。 2月のアコンカグア山麓は盛夏で、花の季節は過ぎているが、それでもあちこちに花が咲いている。 一番目を引いたのは、シレンゲの白い花だろうか。びっしりと細かい針に覆われた少し危険...

ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ「デルフィン号」とは

【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

パタゴニア

関連記事

  1. 砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」

    2017.09.12
  2. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  3. アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

    2015.07.06
  4. 映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン

    2016.02.24
  5. 古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸

    2017.07.26
  6. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP