Loading

PHOTO-BLOG

草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

1.jpg
アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。
馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。
かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。
「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念が込められる。
広大な草原で闊歩したガウチョの存在が、首都ブエノスアイレスを裏付けることで、アルゼンチンという国と文化を形成することになる。
ガウチョの精神を受け継ぐ牧童は、今もアルゼンチン各地の牧場で活躍する。
2.jpg
3.jpg

アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ

関連記事

  1. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  2. 「南米最高峰アコンカグア」登山ツアーの手配

    2018.09.24
  3. ガウチョの歌声と伝統舞踏/オンブ牧場1日観光③

    2019.07.25
  4. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  5. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  6. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP