Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

1.jpg
カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。
国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。
休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。
レオナ牧場が自称する”Hotel de Campo(オテル・デ・カンポ)”とは、「荒野のホテル」という意味だ。
ガウチョが闊歩した開拓時代、アルゼンチンでは憧れと尊敬の念も込めて、広大な草原を“カンポ”と呼んだ。
パタゴニア開拓史を代表する牧場の一つとして、サンタクルス州の歴史・文化遺産にも指定されている。
今はひっそりとしているが、開拓時代には盗賊のブッチ・キャシディやサンダンス・キッドが訪れ、探検家のアゴスティーニ神父も宿泊した。
レオナ牧場の敷地から望む、フィッツロイ山群の遠望は僕の好きな景色の一つだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
2.jpg

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

関連記事

  1. クッションような灌木が花で覆われる:マタ

    2015.08.22
  2. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
  3. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  4. ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物

    2015.09.03
  5. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
  6. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP