Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

1.jpg
カラファテとチャルテンの中間に位置する「レオナ牧場」は、その地の利を活かし休憩所として大繁盛している。
国道40号線沿いの好立地を所有するレオナ牧場には、そう簡単に競争相手が現れないので、まだまだしばらく安泰だろう。
休憩所としてのイメージが大きいが、レオナ牧場はホテルでもある。
レオナ牧場が自称する”Hotel de Campo(オテル・デ・カンポ)”とは、「荒野のホテル」という意味だ。
ガウチョが闊歩した開拓時代、アルゼンチンでは憧れと尊敬の念も込めて、広大な草原を“カンポ”と呼んだ。
パタゴニア開拓史を代表する牧場の一つとして、サンタクルス州の歴史・文化遺産にも指定されている。
今はひっそりとしているが、開拓時代には盗賊のブッチ・キャシディやサンダンス・キッドが訪れ、探検家のアゴスティーニ神父も宿泊した。
レオナ牧場の敷地から望む、フィッツロイ山群の遠望は僕の好きな景色の一つだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
2.jpg

関連ページ

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ... パタゴニア先住民の各部族にとって、グアナコは大切な生活の糧であった。 肉は食糧に、毛皮は衣服やテント型住居の覆いに、腱は糸として使われ、骨は矢尻や釣針に加工された。 19世紀末に開拓が本格的に始まると、先住民は一気に駆逐されて姿を消した。その後を追うように、パタゴニアの風景の代名詞ともいえる...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...
パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖... 南部パタゴニアの基点となるカラファテから北へ約3.5時間。 チャルテン村はフィッツロイ峰の山麓の小さな村です。 ここより北の地域は、まだまだツーリストには未開発の地域です。 チャルテン村から片道5時間の悪路を通り、美しい氷河湖・サンマルティンの畔、コンドル牧場(エスタンシア・コンド...

パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

パタゴニア

関連記事

  1. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
  2. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
  3. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
  4. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
  5. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  6. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP