Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

1.jpg
クリスティーナ牧場は、広大な敷地の中にたった3棟だけのキャビンを持っている。
1棟に2部屋あるので、全部で6部屋しかない。
宿泊者は最大でも12~16名しか泊まれないのだ。
夏のハイシーズンには、満室の日が多いのは当然といえば当然だろう。
ウプサラ氷河を陸地から展望できるのは、牧場の敷地内の展望台だけだ。
贅沢な客室内でのんびり滞在したい気持ちもあるが、外には宿泊者だけのために広大なフィールドが用意されている。
クリスティーナ牧場を取り巻くパタゴニアの自然には、計り知れない贅沢な価値を感じる。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...
パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情... ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。 広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。 しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。 パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見え...
ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー... カラファテは、アルゼンチン・パタゴニアにおける観光の要衝として発展を続けています。 ペリトモレノ氷河の観光やハイキングを始め、フィッツロイ山麓のチャルテン村への基点ともなります。 アウトドア・スポーツのツアーも増える中で、メジャーなツアーとして認知されてきているのが、「ウプサラ氷河」のカヤッ...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥... ヘルシンガー牧場は部屋数が極端に少ないので、滞在中はそのわずか十数人ほどの宿泊者で、敷地内の自然を独占することになる。 パタゴニアといえども、絶景のある場所には人はたくさんいるものだが、ヘルシンガー牧場では人のいない静寂な本来のパタゴニアの姿に身を置くことができるのだ。 パタゴニアの氷河と山...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「ブッチ・キャシディ」の行方:パタゴニアの草原に消えたアメリカの大強盗

    2010.01.03
  2. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  3. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
  4. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

    2015.04.24
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP