Loading

PHOTO-BLOG

クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

1.jpg
クリスティーナ牧場は、広大な敷地の中にたった3棟だけのキャビンを持っている。
1棟に2部屋あるので、全部で6部屋しかない。
宿泊者は最大でも12~16名しか泊まれないのだ。
夏のハイシーズンには、満室の日が多いのは当然といえば当然だろう。
ウプサラ氷河を陸地から展望できるのは、牧場の敷地内の展望台だけだ。
贅沢な客室内でのんびり滞在したい気持ちもあるが、外には宿泊者だけのために広大なフィールドが用意されている。
クリスティーナ牧場を取り巻くパタゴニアの自然には、計り知れない贅沢な価値を感じる。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②... ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。 西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。 その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。 氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。 ヘルシンガー牧場の...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて... ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。 ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。 牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。 静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

関連記事

  1. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  2. 探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」

    2015.05.11
  3. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
  4. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  5. パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)

    2018.06.19
  6. フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

    2014.02.27
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP