Loading

PHOTO-BLOG

「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

「南米のパリ」ブエノスアイレス

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。

かつて「南米のパリ」と呼ばれたこの都市の中心部には、古いヨーロッパ調の町並みが広がります。
ラプラタ川の巨大な河口と、都市を囲む大草原が、ブエノスアイレスに独特な存在感をもたらしているのでしょう。

「タンゴは哀愁と情熱だ」というスペイン語でのフレーズを、初めてタンゴを見た頃に聞いたのですが、ずっとそのフレーズは脳裏に焼き付いています。

既にその言葉の出所がどこかは不明ですが、タンゴを「Sentimiento y Pasion」と評した短いフレーズは、すんなりと納得できたものです。

タンゴ観賞であれば、観光客向けではあるが、タンゴ・ディナー・ショー(タンゲリア)は見応えがあります。

弊社でご案内するの店の一つは、一見すると地元向けの小さなカフェテリアですが、奥に入ると豪勢な会場が用意されています。

このようなカフェテリアは、日本のカフェとは異なり、ある品を感じさせる落ち着いた雰囲気です。

一般の人が週末に通うようなタンゴの練習場も素朴でとても良いですが、やはり一流のダンサーが躍るショーは格別の思い出になります。

しかし、実際のところ、アルゼンチンの知人にタンゴを好きかどうかよく尋ねたりしますが、鼻で笑われてしまうことがほとんどです。

タンゴとは多分にツーリスト向けで、日本でいえば外国人が「芸者ガール」を見たがるのに似ているのでしょう。

関連ページ

紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス... ブエノスアイレスが最も美しい季節は、きっと春の「ジャカランダ」の季節でしょう。 11月頃から12月下旬まで、街中のジャカランダ並木が一斉に咲き乱れるのです。日本でいえば桜のように、アルゼンチンでは紫の花が街を染め上げます。 ノウゼンカズラ科のジャカランダは中南米原産ですが、アフリカ大...
パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで... パタゴニアの旅の前後には、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスに立ち寄ることになります。 旅の最後に、ブエノスアイレスを1泊2日で組み込むのも、お勧めです。 南米のパリとも呼ばれるブエノスアイレスで、町歩きを楽しみ、夜はタンゴショーへ。2日間の滞在で、タンゴだけではなく、ブエノスイアレスの市...
映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは... スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』の舞台:アルゼンチン 映画『笑う故郷』の舞台、アルゼンチンは日本から最も遠く離れた国です。 マラドーナとタンゴというイメージしかありませんが、アルゼンチンの自然は多様で、国土の大半を覆う大草原パンパはとにかく広い。 タンゴで有名な首都ブエノスアイレ...
アルゼンチンで最も愛される女性「エビータ」... 一国の政治・経済を動かしたファーストレディ 「エビータ!エビータ!」大統領官邸カサ・ロサーダに集まる群衆がファーストレディ「エバ・ペロン」を愛称で呼びかける。アンドリュー・ロイド・ウェーバー原作の映画『エビータ』でハイライトとも呼べる場面でしょう。 エビータは、アルゼンチンで最も愛され、同時...
アルゼンチンの国民的な音楽:タンゴの世界... ブエノスアイレスに生まれた場末の音楽「タンゴ」 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町ボカ地区で、1870年代に生まれたのがアルゼンチン・タンゴです。 当時のブエノスアイレスは農作物の輸出で繁栄を極め、大草原パンパにヨーロッパのパリを模倣するような大都市が出現します。ヨーロッパの人々から見...

アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

パタゴニア

関連記事

  1. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  2. チリ・パタゴニアのダム建設に、NO!

    2012.09.06
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  4. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
  5. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
  6. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP