Loading

PHOTO-BLOG

【アルゼンチン・ブエノスアイレス】タンゴ・ディナー・ショー

1.jpg
パタゴニアやイグアスの滝への旅行の際には、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスが基点になる事が多いです。
南米のパリとも呼ばれるブエノスアイレスでは、少なくても一日は時間を欲しい所です。「市内観光」で名所を巡り、夜は「タンゴ・ディナー・ショー」を楽しむのがお勧めです。
「タンゴ・ディナー・ショー」は、20:30~23:30の約3時間ほど続きます。最初は夕食を食べて、デザートが終わった頃に、タンゴ・ショーが始まるので、時間はけっこう長く、ホテルに戻るのは夜遅くなります。
市内観光のボカ地区やフロリダ通りで観光客向けのタンゴを目にすることもありますが、「タンゴ・ディナー・ショー」のタンゴは一流のダンサーと演奏によるものですので、必見とも言えるオプショナルです。
弊社では、下記の3軒をお勧めしています。
●Café de los Angelitos
●Esquina Carlos Gardel
●La Ventana
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行... 憧れのアンデス大縦断道「ルート40」 アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。 「ルート40」は、アルゼンチ...
アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭... アルゼンチンのシンボルともいえる大草原パンパは、日本では「母をたずねて三千里」で有名です。 大草原パンパと草原を駆けるガウチョは、アルゼンチンの根っこであり、国のアイデンティティです。 あまりにも広大なアルゼンチンの国土に広がる草原で、普段の牧童ガウチョは孤独に自然と対峙しています。...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-... 日本でのチョリソーへの誤解 日本でチョリソーと聞くと、「辛い」というイメージが先行しますが、実は本物のチョリソーは全く辛くありません。 この誤解がどこから生まれたのかは謎ですが、実際のチョリソーはステーキの延長のような芳醇な粗挽きソーセージなのです。 そして、皮はプチプチというドイツのウィ...
2018年ブログ人気記事セレクト 今年のブログでアクセスの多かった記事をいくつかをピックアップしました。 中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力 アラビアからヨーロッパへ文明の主役が交代する時、その激動の舞台はスペイン・イベリア半島でした。トレッキングで壮大なピレネー山脈を歩き、風景・花・歴史・...

【メキシコ・オアハカ留学】セマナ・サンタ(聖週間)特別コース

パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ

    2018.03.04
  2. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  3. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  4. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  5. パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード

    2014.03.24
  6. 「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側

    2017.07.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP