Loading

風景写真家・松井章のブログ

情熱的なアルゼンチン人を理解するために

「ラテン的な情熱」アルゼンチンの国民性とは

サッカーや大統領選挙など、なにかと話題になるアルゼンチン。
南米の中でも、アルゼンチンという国は、少し異彩を放っています。

アルゼンチン人という人々のことを考えると、タンゴのキーワードでもある「哀愁と情熱」という言葉が、そのままアルゼンチン人に当てはまると思うのです。

情熱的なアルゼンチン人の一面を象徴する人物が「エビータ」です。
半世紀以上前に旋風をもたらした大統領夫人・エビータは、アルゼンチンだからこそ生まれたと思います。

エビータを知ることは、アルゼンチンを理解するためにも大切です。

半世紀以上前に、アルゼンチン旋風をもたらした大統領夫人・エビータとはどんな人生を送ったのでしょうか。
別の記事で簡単に紹介していますので、下記リンクをご覧ください。

アルゼンチンで最も愛される女性「エビータ」


▲写真は、タンゴショーで撮影した、エビータの定番の曲目「Don’t cry for me Argentina」です。

夕日に染まるレンソイス砂漠(ブラジル)

地平線まで満天の星空/レンソイス絶景

関連記事

  1. ボリビアの万霊節(死者の日):アンデス文化とカトリックの融合

    2021.11.02
  2. 東京湾の花火の撮影:夜空に咲く「大輪の花」を自由に描く

    2019.09.12
  3. 2020年 添乗員同行ツアー計画の一覧:トラベルクラブ会員ツアー

    2019.09.05
  4. ガラパゴスアシカ:人と共生するアシカの楽園

    2020.12.04
  5. 知床の原生林を歩く:流氷と知床連山の絶景

    2022.03.03
  6. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP