Loading

PHOTO-BLOG

紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス


ブエノスアイレスが最も美しい季節は、きっと春の「ジャカランダ」の季節でしょう。

11月頃から12月下旬まで、街中のジャカランダ並木が一斉に咲き乱れるのです。日本でいえば桜のように、アルゼンチンでは紫の花が街を染め上げます。

ノウゼンカズラ科のジャカランダは中南米原産ですが、アフリカ大陸やインドなど広く分布しています。南アフリカのプレトリアは「ジャカランダ・シティ」と呼ばれて有名ですが、ブエノスアイレスもまた「ジャカランダ・シティ」と呼べるほどに春は見事に咲き乱れます。

「南米のパリ」と呼ばれる洗練された街並みとジャカランダの紫色は見事にマッチしていて、春のブエノスアイレスはひときわキラキラした季節なのです。

パタゴニアやイグアスの滝の基点となるブエノスアイレスも、1・2泊してジャカランダの咲く街を歩く時間を作るのもお勧めです。

エリア紹介

エリア紹介:アルゼンチン専用ページ

関連ページ

「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム... 「南米のパリ」ブエノスアイレス アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。 かつて「南米のパリ」と呼ばれたこの都市の中心部には、古いヨーロッパ調の町並みが広がります。 ラプラタ川の巨大な河口と、都市を囲む大草原が、ブエノスアイレスに独特な存在感をもたらしているのでしょう。 「タンゴは...
南米最高峰アコンカグアへ④:アンデス高原の花畑... 巨大なアコンカグアの迫力を前に、山々の展望に目を奪われるが、ふと目を地面に落とせば、そこには花々の世界があった。 2月のアコンカグア山麓は盛夏で、花の季節は過ぎているが、それでもあちこちに花が咲いている。 一番目を引いたのは、シレンゲの白い花だろうか。びっしりと細かい針に覆われた少し危険...
映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは... スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』の舞台:アルゼンチン 映画『笑う故郷』の舞台、アルゼンチンは日本から最も遠く離れた国です。 マラドーナとタンゴというイメージしかありませんが、アルゼンチンの自然は多様で、国土の大半を覆う大草原パンパはとにかく広い。 タンゴで有名な首都ブエノスアイレ...

ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】

本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
  2. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  3. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  4. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  5. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  6. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP