Loading

PHOTO-BLOG

本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲


ご注文いただいた「アルミパネル」が、本日完成しました。

薄いアルミ板に貼り付けるアルミパネルの魅力は、その薄さでしょう。
裏面に1cmほどの下駄が付いているので、壁面に浮き上がるように立体的でもあります。

軽量で薄く余白が無くことから、写真だけがさりげなく溶け込むような存在ですが、飾っていただく場を癒すような存在になればと思っています。

写真は、ブラジルのレンソイス砂漠です。
水晶の砂漠を約6時間ほど歩いたこの日、夕刻の空には巨大な入道雲が、そして砂漠の表面には見事な風紋が浮かんでいました。地下に膨大な水を湛えるレンソイス砂漠では、夕刻には徐々に気温が下がり、爽やかなそよ風が吹きます。圧倒的な自然の迫力と静寂が同居する貴重な瞬間でした。

アートパネル(額装写真)関連ページ

ブラジル:エリア紹介ページ

関連ページ

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)... レンソイス砂漠に生きる先住民族 ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。 寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追い...
ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡... レンソイス砂漠をの古代の森の痕跡:マングローブの化石 レンソイスを縦断して大西洋へ 砂丘の高台から遠く望んでいた大西洋に歩いて到着するのは、なんとも感慨深いものです。 強風に荒れた大西洋の波が打ち付ける砂浜に沿い、近くの漁村へ向かいます。砂浜は潮の満ち引きで様相が全く異なるため、干潮の時間...
黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩... 色彩が変化するレンソイス砂漠 レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。 そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。 太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます...
レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”... “真紅の鳥”ショウジョウトキは、ブラジル・レンソイス東部を流れるプレギサス川に生息しています。まさに真紅という言葉がぴったりに紅く、陽が当たれば空の青や森の緑とのコントラストで鮮やかです。 川の両岸には世界一樹高の高いマングローブが覆うように茂り、河口から上流へ汽水域は10キロ以上も続きます。...
黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方... 水晶の白砂漠を歩き、地平線を目指す 1年の中でわずか2ヵ月ほどの期間、レンソイス砂漠は約2万個とも言われる湖で覆われます。 白砂の砂漠は水晶から成ることから、その砂はとても微細に白く輝きます。 この砂地に水が溜まる時、深さや砂地の微妙な成分の匙加減の違いから、青や緑、そして赤まで、一つ...

紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス

添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

    2017.04.24
  2. 山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力

    2015.12.21
  3. ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

    2017.08.14
  4. レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

    2015.04.12
  5. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  6. インスタグラムにて「南米のフォト・ギャラリー」開設

    2017.05.07
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP