Loading

PHOTO-BLOG

本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲


ご注文いただいた「アルミパネル」が、本日完成しました。

薄いアルミ板に貼り付けるアルミパネルの魅力は、その薄さでしょう。
裏面に1cmほどの下駄が付いているので、壁面に浮き上がるように立体的でもあります。

軽量で薄く余白が無くことから、写真だけがさりげなく溶け込むような存在ですが、飾っていただく場を癒すような存在になればと思っています。

写真は、ブラジルのレンソイス砂漠です。
水晶の砂漠を約6時間ほど歩いたこの日、夕刻の空には巨大な入道雲が、そして砂漠の表面には見事な風紋が浮かんでいました。地下に膨大な水を湛えるレンソイス砂漠では、夕刻には徐々に気温が下がり、爽やかなそよ風が吹きます。圧倒的な自然の迫力と静寂が同居する貴重な瞬間でした。

アートパネル(額装写真)関連ページ

ブラジル:エリア紹介ページ

関連ページ

ブラジル・レンソイスの不思議:水晶の白い砂漠と極彩色の湖... ブラジルの奇跡の絶景:水晶の白い砂漠「レンソイス」の不思議 白砂の砂漠と極彩色の湖が織りなす絶景は、まるで異世界のような無限の景観です。 ブラジルの大西洋岸にあるレンソイス砂漠は、年に2ヵ月ほど無数の湖が現れます。その数は約2万個とも呼ばれます。 レンソイス砂漠の地下に眠る膨大な地下水...
《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」... 動画で追体験するレンソイス:奇跡の絶景 アマゾン上流から流されてきた水晶の結晶が、気の遠くなるような年月をかけて蓄積して形成されたのが、ブラジルの「レンソイス砂漠」です。 大西洋から吹き付ける風と波に洗われて、純度の高い白い砂漠ができるまでの創生の歴史は、人智の及ばない壮大な「地球のリズム」...
ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方... 水晶の白砂漠を歩き、地平線を目指す 1年の中でわずか2ヵ月ほどの期間、レンソイス砂漠は約2万個とも言われる湖で覆われます。 白砂の砂漠は水晶から成ることから、その砂はとても微細に白く輝きます。 この砂地に水が溜まる時、深さや砂地の微妙な成分の匙加減の違いから、青や緑、そして赤まで、一つ...
貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠... 水晶の白い砂漠「レンソイス」の成り立ち 白いキャンバスに翡翠を散りばめたような世界。 巨大な砂漠をキャンバスに、湖を翡翠に例えたとしたら、それは荒唐無稽な景色だろうか レンソイス砂漠は水晶の粒で成り立つ白い砂漠だ。その地下に膨大な水を蓄える雨期明けの数ヶ月、砂漠から滲み出た水が、砂漠に...
ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々... 拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。 緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく...
世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト... 地の果ての魅力 “地の果て”と呼ばれる場所が大好きで、幸運にも世界中の地の果てを体験してきた。 その中で一番親しみがあるのは、もちろん南米です。 “地の果て”とは、“何もない世界”と解釈しています。 「何もない」とは、なんだろうか。 果てしなく延々と、どこまでも地平線が見え続ける。...

紫のジャカランダが咲き乱れる、春のブエノスアイレス

添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地

パタゴニア

関連記事

  1. ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々

    2015.01.16
  2. 「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側

    2017.07.30
  3. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  4. ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

    2019.01.12
  5. レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美

    2015.01.13
  6. ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは

    2015.12.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP