Loading

PHOTO-BLOG

オーダーメイドの額装写真-アートパネル:パタゴニア


今日はご注文いただいたアートパネルが完成しました。余白無しのパネルと異なり、額装の場合には、額内に余白の有無を選び、余白を付けるのであれば白か黒を選べます。額内いっぱいに写真を貼ることもできますが、敢えて余白を付けるのも演出です。
ご希望のフィッツロイ峰の写真のトーンを踏まえて、余白は白です。写真を飾る壁の色や、この額装写真に求められる存在感をお聞きして、フレーム色はシルバーとなりました。
額無し・薄型で立体感のあるアルミパネルがお気に入りでしたが、フレームを付ける額装はより格調が上がるので、アルミフレームも良いなと再確認です。
こうしてプリントされることで、パタゴニアのフィッツロイ峰を毎日見ることができる環境となります。

※この額装写真は、フレームサイズ:A3、写真サイズ:A4です。

アートパネル関連ページ

弊社アートパネル専用WEBサイト
弊社インスタグラム:AKira Matsui Photography

関連ページ

《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』... 代表・松井の写真を展示させていただきました スイス・アルプス撮影の第一人者、小川清美さんの写真教室の写真展『はじめの一歩写真展』が、10/9から1週間、銀座のギャラリー向日葵で開催されます。 小川先生と写真教室の参加者の方の力作を集めた写真展です。毎年開催している写真展も、今年で19...
本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲... ご注文いただいた「アルミパネル」が、本日完成しました。 薄いアルミ板に貼り付けるアルミパネルの魅力は、その薄さでしょう。 裏面に1cmほどの下駄が付いているので、壁面に浮き上がるように立体的でもあります。 軽量で薄く余白が無くことから、写真だけがさりげなく溶け込むような存在ですが、...
ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...
映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動... パタゴニアの針峰群の上空に現れたオーロラのように揺らめく雲を、夕日の一線が幻想的な「色」に染め上げた。世界そのものが異次元に迷い込んだかのような息を飲むような瞬間。同じ場に立ち会わせた人々も言葉を失い、じっと空を見上げていた。 パタゴニアに訪れる朝日や夕日は、世界を一瞬だけ別の次元に変えて...

ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡

    2018.08.27
  2. 【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”

    2015.12.23
  3. アートパネル-額装写真-販売:南米の壮大な自然を飾る

    2017.05.16
  4. 【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

    2015.12.24
  5. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  6. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP