Loading

風景写真家・松井章のブログ

【アンテロープキャニオンの光芒】渓谷に射す一瞬の絶景を撮影する

グランドサークルの絶景ポイント:アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオンは、グランドサークルの絶景ポイントで、アメリカ・アリゾナ州のナバホ族の居留地にあります。

グランドサークルとは、ユタ州やアリゾナ州の直径460キロの円に含まれるエリアです。グランドキャニオン、モニュメントバレー、セドナなどもグランドサークルの一部です

砂漠の中にあるのに、アンテロープキャニオンは、かつてナバホ族に「水が岩を流れる場所」と呼ばれていました。乾燥した大地に水の気配は全く無いのですが、この渓谷はときどき激しい鉄砲水に襲われます。

この鉄砲水は数十キロも上流の豪雨による雨水により引き起こされます。この鉄砲水が数万年の時をかけて、この渓谷を作り上げたのです。

アンテロープキャニオンで最も有名な絶景は、渓谷に射す「光芒」です。大地に開いた細い割れ目に、太陽光線が鋭く差し込むとき、光線は帯のように天から暗い洞窟に射しこみます。

この光芒が射しこむ時間は、1日の中でごく僅かです。大地に開いた垂直で細い割れ目に陽が射すのは、太陽が真上(中天)に差し掛かるときだけだからです。光芒が射す時間は、正午のおそらく1時間もあるかどうかでしょう。
北緯36度という緯度を踏まえると、できるなら太陽の動きを踏まえて中天の時間に訪問するのがお勧めです。

ナバホ族の居留地であるため、アンテロープキャニオンに入るには、ナバホ族のガイドが必要です。一般的には他の旅行者と一緒に1グループ10人前後で移動することになります。
「光芒」の撮影にこだわるのであれば、費用は2~3倍ほどになりますが、ガイドと車両を貸し切って訪問すると、光芒の撮影に集中できるでしょう。

=

関連ページ:フォトギャラリー&ブログ記事集

「アメリカ」ブログ関連記事集「アメリカ」ブログ関連記事集

【風景写真の基本】定点観測で望むモニュメントバレー

【動画】ペルー絶景集:悠久のアンデス山脈とマチュピチュ

関連記事

  1. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  2. ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

    2017.07.17
  3. 南極大陸に着いた日:朝日とクジラ

    2024.03.06
  4. ギアナ高地トレッキング:最美の山ロライマを歩く

    2019.02.08
  5. マチュピチュ遺跡を巡る②:迷路のような遺跡内部“市街地”へ

    2020.09.16
  6. ペルー旅行の魅力を解説④:南米一の山岳展望“ブランカ山群”とワスカラン国立公園

    2020.04.24
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP