Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアはもうすぐ春

パタゴニアはもうすぐ春

南緯72度にあるパタゴニアのフィッツロイ山麓には、まだまだ雪があるそうです。

首都のブエノスアイレスよりも、南の果ての南極半島の方が近い「地の果て」です。
以前は冬季のパタゴニアを訪れる人はごく僅かでしたが、今では冬にも多くのツーリストがいるようです。

あと2か月も待てば、パタゴニアに春がやってきます。
11月のパタゴニアでは、風はまだ冷たいですが、山麓には花が咲きます。

山を見え上げれば、斜面には残雪の縞模様が美しいです。

そして、どの季節にも美しいのが朝日に輝く名峰フィッツロイです。
日の出からわずか20分ほどの時間は、最も美しくフィッツロイの岩峰群が輝きます。

今年は春にパタゴニアを訪れます。

【動画】フィッツロイ展望トレッキング

松井章写真事務所

「パタゴニア」ブログ関連記事集

「パタゴニア」ブログ関連記事集

「パタゴニア旅行」専用ページ

ボリビアの絶景:アニマスの谷とパルカ渓谷

「2023 全日本山岳写真展」の紹介

関連記事

  1. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  2. ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

    2017.08.14
  3. アルゼンチン北部の絶景:ウマワカ渓谷の14色の山「オルノカル」

    2019.06.19
  4. アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

    2019.01.11
  5. ボリビアの原風景:レンガの都市「ラパス」

    2023.04.11
  6. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
パタゴニア
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP