Loading

風景写真家・松井章のブログ

アンナプルナBCへ草原を歩く/アンナプルナ内院トレッキング⑤

マチャプチャレBCからアンナプルナBCへ

乾季の始まりである10月は、まだ雲が残る季節です。

午後になると決まって雲が湧き始め、雨が降ることもあります。
そして、深夜には夜空は快晴となります。

マチャプチャレ・ベースキャンプでも、明け方には雲一つ無くなりました。

朝日の時間、ベースキャンプの西側にある名峰アンナプルナ・サウスは見事に黄金色に染まりました。

そして、ベースキャンプ自体は、東側にあるマチャプチャレの陰に隠れているので、なかなか日が当たりません。

9時頃になると、ようやく朝日がマチャプチャレから顔を出しました。

強い日差しの下で、アンナプルナ・ベースキャンプ(4120m)を目指します。

前方には、アンナプルナ・サウス(7219m)が迫り、その山麓まで約3000mの岸壁を望めます。

振り返れば、マチャプチャレ(6993m) の大岩壁も上から下まで望めるようになりました。

そして、右の奥、アンナプルナ・サウスの右側に、徐々にアンナプルナⅠ峰(8019m)が見えてきました。

のんびり約3時間ほど歩いて、アンナプルナ・ベースキャンプに到着しました。

ここが長い街道の終点です。

ここはアンナプルナ山群部の核心部で、円形劇場(アンフィシアター)の中心部です。

アンナプルナ・サウス(7219m)、アンナプルナⅠ峰(8019m)、マチャプチャレ(6993m) の山稜にずらりと囲まれている山上の楽園です。

ここで1泊して、星空と朝日を待ちます。

【動画】アンナプルナ内院トレッキング/ネパール・ヒマラヤ絶景

関連ページ

アンナプルナ内院トレッキング①深い谷の田園地帯

ヒマラヤ展望のチョムロン村/アンナプルナ内院へ②

街道を抜けて山上の世界へ/アンナプルナ内院トレッキング③

マチャプチャレ・ベースキャンプの絶景/アンナプルナ内院トレッキング④

アンナプルナBCへ草原を歩く/アンナプルナ内院トレッキング⑤

アンナプルナBCの夜明け/アンナプルナ内院トレッキング⑥

【ネパール】アンナプルナBCと”風の馬”ルンタ

「ネパール」専用ページ

マチャプチャレ・ベースキャンプの絶景/アンナプルナ内院トレッキング④

アンナプルナBCの夜明け/アンナプルナ内院トレッキング⑥

関連記事

  1. ボリビア多民族国の日

    2023.01.20
  2. 見頃を迎えるアタカマ砂漠の花畑「フラワーリング・デザート」

    2021.10.03
  3. 狂おしい“地球の鼓動”②:パタゴニアの暴風

    2019.10.04
  4. ペルー・マチュピチュ遺跡のマスコット:リャマ

    2020.09.06
  5. パタゴニアの春:荒れ地に芽吹く深紅の花

    2022.04.04
  6. 【動画】ウユニ塩湖でグランピング:エアストリーム泊の絶景旅行

    2023.03.11
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP