Loading

PHOTO-BLOG

《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡


天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。
星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。

その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。
水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光はどこまでも澄んでキラキラ輝いていた

トレッキングでキャンプしたからこそ望める特別な風景だ(アルゼンチン)

※国際写真コンテスト“International Photographer of the year 2017”にて、佳作に選出された作品です
Star Trail in Patagonia

松井章 写真事務所:関連ページ

関連ページ

フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...
パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...

ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

パタゴニア

関連記事

  1. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  2. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  3. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
  4. パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」

    2014.12.11
  5. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  6. パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

    2018.04.05
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP