Loading

PHOTO-BLOG

《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡


天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。
星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。

その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。
水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光はどこまでも澄んでキラキラ輝いていた

トレッキングでキャンプしたからこそ望める特別な風景だ(アルゼンチン)

※国際写真コンテスト“International Photographer of the year 2017”にて、佳作に選出された作品です
Star Trail in Patagonia

松井章 写真事務所:関連ページ

関連ページ

地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...
初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
パタゴニア南部氷原フィッツロイ一周トレッキング... パタゴニア南部氷原 フィッツロイ一周トレッキング 「パタゴニア南部氷原トレッキング」の動画を作成しました。 You Tubeにアップしましたので、ぜひご覧ください。 ※画質設定を“1080p60” にするとハイビジョンで見れます。 パタゴニア南部氷原とは パタゴニア南部氷原(大...

ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓

    2018.05.01
  2. 嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア

    2015.06.07
  3. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
  4. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

    2015.10.27
  6. ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ

    2017.05.23
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP