Loading

PHOTO-BLOG

《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日


長大な南米のアンデス山脈の中で、最も氷雪の峰々が集中するのが、6000m峰を約30座も有するこの“ブランカ山群”だ。

ピラミダルな山容で独特な迫力を放つ名峰ワンドイは、ブランカ山群を代表する山の一つだ

ワンドイの美しさは、山頂部の氷の襞にある。
“ヒマラヤ襞”ならぬ“アンデス襞”がこれほど見事なのは、太平洋からの湿った偏西風が直接ぶつかるからだ。

朝日の一瞬、夜闇に浮かぶ氷雪峰は、わずか数分だけ燃えるように赤くなった。

右から、西峰(6000m)、主峰(6395m)、東峰(6356m)、南峰(6160m)。ワラス近郊にて

関連ページ

関連ページ

山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群... アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。 それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。 弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行し...
アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち... アンデスの先住民「ケチュア族」の子供たち アンデス山脈を旅していると、子供達の目がキラキラしていることに気づくだろう。 不思議なほどに輝く目で、通りすがりの旅行者をじっと見ていたりする。何かを話しかけても答えられないほどにシャイだが、しかし遠くに離れるわけでもない。 何を話すわけでもな...
第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング... 第二のマチュピチュ:密林の巨大遺跡チョケキラオ マチュピチュ遺跡の南西約40kmに位置するチョケキラオ遺跡は、その保存状態の良さと規模の大きさから、第二のマチュピチュ遺跡と言われます。 この遺跡の規模は、マチュピチュの約12倍というとてもつもない大きななのです。 トレッキングが唯一のア...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...
ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング... 南米随一の山岳展望を誇る、ブランカ山群 南米を代表する高峰が集中するペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)は、南米で最も壮麗な山が集中している地域と言ってもよいでしょう。 その迫力はヒマラヤに引けを取らないほどの密度の濃さを誇ります。 車道が発達していることから、日帰りハイキングや...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...

ガラパゴス諸島クルーズの魅力:レジェンド号

ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

パタゴニア

関連記事

  1. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  2. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
  3. ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡

    2018.03.25
  4. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
  5. 世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

    2017.08.19
  6. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP