Loading

PHOTO-BLOG

山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群

AKI_4566_5.jpg
アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。
それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。
弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行しています。キャンプでは、専属シェフがペルー料理を調理します。
(2名様から催行可能です)
会社の休みが最大でも8~10日ほどという社会人向けに、「アンデス写真撮影の旅」を考えてみます。
1日目:日本を出国、日付変更線を越えて北米回りで南米へ。深夜にリマに着きます。この日は国内線に乗り継ぎできませんので、専用車でリマ市内のホテルで1泊します。
2日目:国内線でブランカ山群の山麓ワラスへ。高度順応のため、ワラス(3090m)に滞在します。
3日目:専用車で、ワンツァン(6395m)を展望する氷河湖(約4400m)へ上がり、写真撮影をします。高度障害の影響を受ける前に下山。
午後、少し早目にワラスに戻り高所順応のために休憩。
4日目:専用車で、ペルー最高峰ワスカラン展望の峠(4800m)へ。約2時間ほど滞在して、ワスカラン(6768m)、チョピカルキ(6354m)、コントライェルバス(6036m)を撮影します。
高度障害の影響を受ける前に、専用車で下山。ウルタ谷の標高3400m付近にて、ピクニック・ランチ。専属シェフがペルー料理を作ります。
午後、ユンガイ近郊の村(3600m)へ移動。ワスカラン(6768m)、ワンドイ(6395m)を展望する丘でキャンプします。キャンプから、夕日に染まるアンデス撮影のチャンスがあります。
5日目:午前中は、付近の村を散策します。キヌア畑が広がる農村風景が魅力です。
キャンプで昼食後、専用車でヤンガヌコ谷(3850m)へ。
新しいキャンプを設置して、夕刻はワスカラン(6768m)、ワンドイ(6395m)、チャクララフ(6112m)の展望台(約4700m)で撮影をします。
6日目:早朝、再び4700mの展望台に上がり、朝日の撮影をします。撮影後にキャンプを撤収して、ワラスへ戻ります。
7日目:朝、国内線でリマへ。
※希望に合わせて、リマ市内観光や食事にご案内
深夜発の国際線に乗り継ぎます。
8日目:北米を経由。
9日目:午後、日本帰着。
ペルーで最も壮大な山岳展望が広がる「ブランカ山群」で、“写真撮影”をテーマに9日間で旅をすることができます。
カメラを趣味にしている人には、南米でも写真撮影に特化した旅をしていただきたいと思っています。
専属ガイド、シェフ、ドライバー達は、ラテン独特に陽気で親切にアテンドをしてくれます。
●「ペルー・ブランカ山群」URL: https://www.andina-travel.com/peru5.html
webq.png
AKI_4613_3.jpg
AKI_4262_3.jpg
AKI_4501_3.jpg
AKI_4209_3.jpg

関連ページ

ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...
ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑... ヤンガヌコ谷の手前で、小さな村に立ち寄った 村からは、ヤンガヌコの深い谷とアンデスを望めるが、あいにく厚い雲に覆われていた。 雲間から、ときどきワンドイとワスカランが姿を現す。 この天気では、これから向かうわずか数キロ先の谷の中は、きっと寒さも厳しいことだろう。 雨季に見られるような大き...
《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁... ブランカ山群:ワンツァン峰の大氷壁 氷雪峰が林立するペルー・ブランカ山群の中でも、見事なまでに巨大な氷壁を擁するのがワンツァン峰(6395m)です。 壮麗な氷壁には、ヒマラヤ襞のような美しいアンデス襞が浮き立ちます。 標高差1500mほどの大氷壁の表情は実に様々で、朝日・夕日・星空など...
ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)... ワスカラン北峰も、山頂部だけ雲から姿を現した。 丸くどっしりとした存在感を持つのが北峰だが、左の南峰の方が山容が派手で美しい。 明け方まで見えていたワンドイは、日の出の頃から厚い雲の中に姿を隠してしまった。ピスコとチャクララフも雲に隠れていて、とうとう姿を現さなかった。 上空の風は強い...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...
ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...

旅行前の準備に「トラベル・スペイン語講座」

ブログを引越しいたします【新:andina-travel.com/blog 】

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. マチュピチュを歩いて感じる旅①

    2012.03.28
  2. 南米アンデス・トレッキング④:専属ガイド同行『インカトレイル』

    2015.12.10
  3. ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③

    2016.06.14
  4. 2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近

    2014.12.01
  5. 【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!

    2013.02.14
  6. コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

    2015.07.25
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP