Loading

PHOTO-BLOG

《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁

ブランカ山群:ワンツァン峰の大氷壁

氷雪峰が林立するペルー・ブランカ山群の中でも、見事なまでに巨大な氷壁を擁するのがワンツァン峰(6395m)です。
壮麗な氷壁には、ヒマラヤ襞のような美しいアンデス襞が浮き立ちます。

標高差1500mほどの大氷壁の表情は実に様々で、朝日・夕日・星空など、もしテント泊でじっくりと山を見るのであれば、様々な山の表情を見て山岳写真を撮影できるできるでしょう。ワラスからアクセスも良いですが入域許可証が必要です。

『ブランカ山群』は、海からの偏西風のおかげで山群の西面が一様に白いことから、「ブランカ=白」山群と呼ばれるようになりました。
ほんの100年前は今よりはるかに氷雪が多く、「ブランカ=白」と呼ばれるに値するほどに山脈は真っ白であったらしいです。

この氷河後退は水不足に直結するので、山麓に広がる広大な畑と先住民の暮らしは年々厳しくなっています。
そうして首都リマへの人口流入はさらに加速度的に進むでしょう。

関連ページ:ペルー専用ページ

関連ページ

ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング... 南米随一の山岳展望を誇る、ブランカ山群 南米を代表する高峰が集中するペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)は、南米で最も壮麗な山が集中している地域と言ってもよいでしょう。 その迫力はヒマラヤに引けを取らないほどの密度の濃さを誇ります。 車道が発達していることから、日帰りハイキングや...
ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング... アンデス山脈の主脈:ブランカ山群とワイワッシュ山群 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で核心部ともいえる山群が、ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)とワイワッシュ山群です。どちらも山岳リゾートであるワラスが基点となります。一日1便の国内線を利用すれば、首都リマからわずか1時間で到着しま...
《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日... 長大な南米のアンデス山脈の中で、最も氷雪の峰々が集中するのが、6000m峰を約30座も有するこの“ブランカ山群”だ。 ピラミダルな山容で独特な迫力を放つ名峰ワンドイは、ブランカ山群を代表する山の一つだ ワンドイの美しさは、山頂部の氷の襞にある。 “ヒマラヤ襞”ならぬ“アンデス襞”が...
ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑... ヤンガヌコ谷の手前で、小さな村に立ち寄った 村からは、ヤンガヌコの深い谷とアンデスを望めるが、あいにく厚い雲に覆われていた。 雲間から、ときどきワンドイとワスカランが姿を現す。 この天気では、これから向かうわずか数キロ先の谷の中は、きっと寒さも厳しいことだろう。 雨季に見られるような大き...
ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...

ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

ペルー・アンデスの秘境:ワイワッシュ山群の秀峰“ヒリシャンカ”

パタゴニア

関連記事

  1. インカトレイルの魅力② サヤクマルカ遺跡~マチュピチュ遺跡

    2013.04.20
  2. 山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群

    2015.12.04
  3. マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング

    2018.10.16
  4. ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ

    2016.06.06
  5. ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

    2012.05.16
  6. ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ

    2017.05.23
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP