Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

神秘の岩峰:フィッツロイ峰&セロトーレ峰

魔力のように人を惹きつける山は、本当に世界に存在するのだろうか。

アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ峰とセロトーレ峰は、訪れる人を虜にするような魔力を秘めた、世界でも数少ない山の一つです。天を突くようなピラミダルな山容は、どのように形成されたものか考えるほどの不思議さを越えて、それは既に神格化されるほどの魅力なのです。

日本では、パタゴニアというとパイネ国立公園が有名ですが、どちらの方が迫力あるかとなれば、二つに分かれるでしょう。少なくとも、フィッツロイ山群はパイネ山群よりも1000m高いので、パイネ山群よりも一回り大きな山容です。目の前にする迫力は、さてどちらに分があるかは、訪れて比べてみたいものです。

フィッツロイ山麓へのアクセスの良さ

フィッツロイ峰は、山麓にチャルテン村があるのでアクセスが素晴らしく良いのが特徴です。基点の町カラファテから、約3時間の距離にあるチャルテン村に近づけば、圧倒的な山岳展望を望めます。まっすぐの道路の先に林立するフィッツロイ山群の景色は、アウトドアメーカー「パタゴニア」のロゴにも使用されるほどにアイコン化されています。

完成したテント泊トレッキングのシステムと、抜群の山岳展望

山麓のチャルテン村から歩くトレッキングは、日帰りハイキング、テント泊トレッキングともに、安全性も含めてシステムが完成されています。

テント泊トレッキングの魅力は、フィッツロイ峰の間近に宿泊できることです。朝日や夕日、そして星空をフィッツロイ峰をバックに望むにはキャンプする必要があります。
キャンプは、プライベート・キャンプを使用しますので、一部の宿泊者だけが入域できる特別なキャンプ・サイト(フィッツロイBC)です。このキャンプが実は、フィッツロイ山麓で最も展望の良い場所です。フィッツロイを望むアングル・距離どれを取っても絶妙なので、山岳写真の撮影にも最適な立地なのです

プライベート・キャンプには、食堂テントが常設されています。同じく常設のキッチン・テントで管理人が食事を作り、テント設営などをします。テント泊と言っても、すでにテントが設営されて、マットと寝袋も設置された状態なので、担ぐ荷物は最低限の個人装備だけで良いのです。キャンプにはトイレも設置されています。

フィッツロイを目の前に望む食堂テントで、優雅にワインを飲めるのは、テント泊トレッキングの特権です。アルゼンチンは南米一の畜産国、そしてワイン大国ですので、キャンプでも、ワインとサラミ、生ハムを用意しています。夕食前の前菜(ピカーダ)をワインとともに、夕日に染まるフィッツロイを望みます。

同行するトレッキング・ガイドは、万が一に備えて、このベースキャンプとチャルテン村のオフィスとを無線で結び、常時連絡する体制を整えています。実際に現場で無線が必要となることはめったにないでしょうが、的確な天気予報という情報を無線でやり取りします。

フィッツロイ山麓を歩く何よりも魅力となるのが、関わる人たちにあるでしょう。ガイドも含めた一人一人のスタッフがフィッツロイを大好きなので、とても団結してアットホームにアテンドしてくれます。そこには、アルゼンチンらしい真面目さがあるのです。

モデルプラン:2泊3日テント泊トレッキング

1日目:
午前、トレッキング・ガイドとともにトレッキング出発。途中、風光明媚なカプリ湖でピクニックします。その後、フィッツロイBCへ。徒歩約5時間

2日目:
午前、フィッツロイ直下のトレス湖を往復(徒歩約3時間)。ベースキャンプで昼食後、午後、天気が良ければ、ピエドラ・ブランカ氷河の展望台へ。

3日目:
チャルテン村に戻ります。希望があれば、もう一つの名峰セロトーレ峰を望む展望台を経由してチャルテン村に戻ることができます(徒歩約7時間)

関連ページ:パタゴニア

関連ページ

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫... 今シーズンのフィッツロイ山麓のテント泊トレッキングでは、フィッツロイBC・セロトーレBCそれぞれのキャンプ地にて、常設テントを利用可能です。 フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備してい...
大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...

南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

ギアナ高地のテーブルマウンテン:ロライマ・テント泊トレッキング

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  2. パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠

    2015.05.26
  3. パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

    2015.10.07
  4. 数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

    2015.08.13
  5. フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

    2014.02.27
  6. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP