Loading

風景写真家・松井章のブログ

《ボリビアの絶景》高原都市ラパスと名峰イリマニ

高原都市ラパスと名峰イリマニ

ラパスは、富士山の山頂よりも高い標高にあります。
すり鉢状の都市は、標高3600mから4000mにかけて、人口は衛星都市を含めれば150万人以上の人が暮らしています。

この大都市を象徴する山が「イリマニ」です。
地元アイマラ族の人々の言葉で、“黄金のコンドル”を意味する山で、標高6439mもあります。

この山が一番美しいのは夕日の時間です。
赤道にほど近い緯度にあるので、年間を通して、だいたい18時前後に日が没します。

黄金は、アンデスの人々にとっては特別な存在です。
インカ帝国の宮殿が黄金に埋め尽くされていたように、黄金色は神聖な色合いなのでしょう。

イリマニ山がきれいな黄金色に染まった瞬間、何か良いことがあるのでは、と予感させました。

松井章写真展「ボリビアを知ろう -古代から受け継ぐ神秘の高原 “アルティプラーノ”」

写真展の案内①/松井章写真事務所

写真展の案内②/セルバンテス東京

「写真展の案内「セルバンテス東京」」

会場「セルバンテス東京」ホームページ

松井章写真事務所

「ボリビア」ブログ関連記事集

「ウユニ塩湖」ブログ関連記事集

「ボリビア個人旅行」ページ

アンダルシア地方の古都・グラナダの歴史

「ボリビア写真展」の会場:セルバンテス東京とは?

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡を巡る⑥:ワイナピチュ山から俯瞰する絶景

    2021.01.08
  2. 国際文化紹介展示「未来のために残したいもの」

    2021.09.17
  3. ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

    2019.01.12
  4. パタゴニア・フィッツロイ峰の絶景:雲から現れる一瞬

    2022.11.16
  5. イースター島:ポリネシア海洋民族が生んだモアイ文明

    2024.02.04
  6. アルゼンチン文化の象徴:マテ茶の正しい飲み方

    2019.04.19
パタゴニア
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP