Loading

風景写真家・松井章のブログ

ペルー・アンデス山脈/田園で凧揚げする子供たち

ブランカ山群の山麓の小さな村で

ペルーのアンデス山脈で最も高い山々が連なるブランカ山群。

山麓には、どこまでも田園風景が広がります。

アンデスの山々の氷河がもたらす恵みは、今も人々の暮らしを支えています。

一見すると貧しく見えますが、ジャガイモやキヌア、トウモロコシの畑は、何千年も続くような暮らしは、豊かであるとも考えられます。

名峰ワンドイ(6395m)の山麓にて、そんな素朴な農村の一つを訪れたたことがあります。

今もまだ電気やガスに不足する、制限された暮らしの中では、子供たちはテレビゲームをすることも、勉強することもできないようです。

そんな子供たちは実に活き活きとしているもので、ハッとする思いを感じるものです。

この日、太陽が徐々に傾き始める時間、乾季のアンデス山脈には青空が広がり、爽やかな風が吹いていました。

日中の強い日差しとは打って変わり、柔らかい日差しの下で、村のあちこちでも人の声が聞こえてきます。夕食の準備を始めているのか、生活の音も聞こえます。

すると、少年と少女が草原に出てきて、凧揚げを始めました。

歓声を上げて草原を走り廻り、凧は大空に舞っています。

草原の向こうには、ワンドイ峰の真っ白な峰がまるで白い壁のようにそびえています。

人智を超えた自然を象徴するアンデスの峰と、子供たちが駆ける姿には、どこか不思議な関係性、あるいは調和を感じたものです。

早春のパタゴニア:チャルテン村と花畑

ペルー・アンデスの絶景撮影:朝日に燃える名峰ワンドイ

関連記事

  1. 名峰フィッツロイの雄姿:南の果て・パタゴニアの一瞬の夏

    2020.02.14
  2. 日本写真家協会(JPS)に入会しました

    2023.04.04
  3. ペルー・マチュピチュ遺跡のマスコット:リャマ

    2020.09.06
  4. 南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

    2017.12.23
  5. ペルー・マチュピチュ遺跡:朝日と夕日がもたらす神秘的な絶景

    2016.11.22
  6. イースター島:ポリネシア海洋民族が生んだモアイ文明

    2024.02.04
パタゴニア
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP