Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュを歩いて感じる旅①

「山を歩く」という能動的な運動は、地球を直に「体感」できる、素晴らしいスポーツだと思います。
観光地の主要スポットを行列になって巡るだけではなく、その土地の全てを感じるために、歩く。
マチュピチュ遺跡では、歩くことをお勧めしています。
歩かないともったいない!と思うからです。
特にマチュピチュでは、普通の観光客では入れない静かな遺跡や見れない景色がたくさんあります。
もちろん歩くから観光をしない、というわけではありません。通常の観光ツアーと同じく、主要スポットを日本語(あるいは日本人)のベテラン・ガイドが解説します。
マチュピチュを歩いて感じる旅は、「観光+α」(あるいは「α+観光」?)です。
観光よりも2倍も3倍も楽しんで、さらに感動も味わったりして、実はとても贅沢な旅です。
体力に合わせて、歩行時間や難易度をあらかじめ設定できるので、そんな意味で、誰でもマチュピチュを歩けると思います。
歩いてみたいという想いがあるならば、誰でもマチュピチュを歩けます。
11.JPG
1日ハイキング

関連ページ

代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」... ペルー名物のマリネ(セビーチェ) 先週の土曜日は「ペルー料理のお食事会」を開催しました。 ありがたいことに10名様にご参加いただき、代表的なメニューはだいたい食べれたでしょうか。 ペルーのビールは“クスケーニャ”と“クリスタル”、さらにペルーやチリの国民的なカクテル“ピスコサワ...
【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!... ペルー・ブランカ山群 5月から9月、ペルーとボリビアのアンデス山脈が乾季に入ります。 山を歩くにはベスト・シーズンです。 日帰りハイキングからテント泊トレッキングまで、様々なプランがあります。 テント泊のトレッキングでは、キャンプ装備・食事・荷物の運搬など、トレッキングを円滑に運営するための手配が...
ペルー・アンデスの秘境:ワイワッシュ山群の秀峰“ヒリシャンカ”... ペルー・アンデスの秘境ワイワッシュ山群へ ペルー・アンデスのワイワッシュ山群は、ブランカ山群から南へ丸一日、谷を上り下りしてようやく辿り着く秘境の山群です。 6000m峰が集中する中心部の迫力ある山容は、壮麗さにおいてブランカ山群と肩を並べるほどでしょう。 ワイワッシュ山群の秀峰“...
インカ族の芸術品:織物と染料の文化... ペルーやボリビア、エクアドルを歩くと、カラフルな民族衣装が目を引く。露店に並べられた織物やそれを使った小物は、お土産に最適である。 機械と合成染料を使っている安価なものもあるが、高価なものは今でも手織りで天然染料を使い手間暇かけて作っている。インカの文明圏の国々では、「織物」を旅の一つの目的とできる...
インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは... インカの段々畑「アンデネス」とは アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。 この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。 山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。 ...
ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑... ヤンガヌコ谷の手前で、小さな村に立ち寄った 村からは、ヤンガヌコの深い谷とアンデスを望めるが、あいにく厚い雲に覆われていた。 雲間から、ときどきワンドイとワスカランが姿を現す。 この天気では、これから向かうわずか数キロ先の谷の中は、きっと寒さも厳しいことだろう。 雨季に見られるような大き...

太陽のマテ茶

アンデスの食べ物① 食も楽しむ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  2. 先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

    2015.07.29
  3. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  4. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  5. ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)

    2015.07.15
  6. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP