Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュを歩いて感じる旅①

「山を歩く」という能動的な運動は、地球を直に「体感」できる、素晴らしいスポーツだと思います。
観光地の主要スポットを行列になって巡るだけではなく、その土地の全てを感じるために、歩く。
マチュピチュ遺跡では、歩くことをお勧めしています。
歩かないともったいない!と思うからです。
特にマチュピチュでは、普通の観光客では入れない静かな遺跡や見れない景色がたくさんあります。
もちろん歩くから観光をしない、というわけではありません。通常の観光ツアーと同じく、主要スポットを日本語(あるいは日本人)のベテラン・ガイドが解説します。
マチュピチュを歩いて感じる旅は、「観光+α」(あるいは「α+観光」?)です。
観光よりも2倍も3倍も楽しんで、さらに感動も味わったりして、実はとても贅沢な旅です。
体力に合わせて、歩行時間や難易度をあらかじめ設定できるので、そんな意味で、誰でもマチュピチュを歩けると思います。
歩いてみたいという想いがあるならば、誰でもマチュピチュを歩けます。
11.JPG
1日ハイキング

関連ページ

インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く... トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。 稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。 ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパ...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...
第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング... 第二のマチュピチュ:密林の巨大遺跡チョケキラオ マチュピチュ遺跡の南西約40kmに位置するチョケキラオ遺跡は、その保存状態の良さと規模の大きさから、第二のマチュピチュ遺跡と言われます。 この遺跡の規模は、マチュピチュの約12倍というとてもつもない大きななのです。 トレッキングが唯一のア...
中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」... 弊社のfacebookで公開している“中南米のグルメ・コラム”「ラテンの台所」を、ブログでも公開を開始します。週2回ほどのペースで更新しますので、引き続きfacebookが先行公開となりますが、ぜひご覧ください。 ブログ画面の体裁はまだ整っておりませんが、近日中にはしっかりしたレイアウトにする...
《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力... 5星の探検クルーズ「デルフィン号」 アマゾン川を豪華探検船で旅するアマゾン・クルーズ「デルフィン号」の専用ページをアップしました。 アマゾンの奥地へ豪華探検クルーズで旅をする「デルフィン号」は、アマゾンに興味のある方に一押しのプランです。快適に優雅にアマゾンの奥地を往復することができるか...

太陽のマテ茶

アンデスの食べ物① 食も楽しむ

パタゴニア

関連記事

  1. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  2. マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』

    2016.05.24
  3. 山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群

    2015.12.04
  4. マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

    2015.03.15
  5. 南米3大祭り:インカの祝祭・太陽の祭り(インティライミ)

    2019.03.03
  6. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP