Loading

PHOTO-BLOG

インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

マチュピチュへ3泊4日のトレッキングで行くインカトレイルは、年々人気が増しています。世界中からトレッカーが来ますが、入山規制は非常に厳しく1日200人に限定されています。この入山許可証が、5ヶ月前には完売するほどの人気です。
インカトレイルをご希望の方には、なるばく早い予約をお勧めしています。現在ではすでに9月下旬までほぼ完売となっています。
年間数万人も押し寄せても入山を規制しない富士山とは違い、入山人数だけではなく、環境にも配慮して厳しく規制しています。
今日は、そのインカトレイルの初日から2日目の中盤までの写真をご案内します。最初の2日間は、民家も点在する生活道を中心に歩きます。遺跡の数とインカ道の精度は、マチュピチュに近くなるほどに増していきます。ワルミワニュスカ峠への行程が最もハードとなります。インカの遺跡が表れ始めるのは、この峠を越えてからです。
歩行時間や標高差もあるので、日本での十分なトレーニングをお勧めします。ご出発までのトレッキング相談も喜んでお受けいたします。アウトドア・ツアー、特にトレッキングを専門とする弊社に、ぜひ手配をご依頼ください。
1.jpg
インカトレイルに同行するスタッフ。ガイド、ポーター、コックなどが同行します。弊社が手配する現地ポーターは、近郊のミスミナイ村の村民です。常に同じ村からスタッフを雇用すること、そして周辺在住の先住民を雇用することで、地元経済の安定に一役買っています。また、常に同じ村のスタッフが来るので、顔の見える信頼関係を築いています。
2.JPG
スタート地点、82km地点。標高は約2,700m。
3.JPG
生活道を歩く
4.JPG
マチュピチュへ向かう鉄道の線路の近くを歩きます。線路の反対側には小さな遺跡があります。
5.JPG
リャクタパタ遺跡。1日目に見る最も規模の大きな遺跡です。ここからいよいよインカトレイルの本番です。この遺跡から奥は、スペイン人さえも発見しなかった地域で、インカ時代の遺跡が今もそのまま残っています。スペイン人の破壊の痕跡のない遺跡を見れるのは、インカトレイルを歩く方だけの特権です。
6.jpg
振り返ると、ウルバンバ山群・ベロニカ峰が見えます
7.JPG
8.jpg
ダイニング・テント。この中で、朝・昼・晩の食事をお召し上がりいただきます。
9.jpg
トイレ・テント
10.jpg
トイレ・テント内。ポータブルな携帯トイレを使用します。
11.JPG
2日目は、樹林帯を抜けて、ひたすら登ります。もっともハードな日です。
12.JPG
峠手前で、少し早目の昼食。生活道はここまでです。これ以降は、インカ道となり、入山許可証がなければ地元の人も入れない地域となります。
13.JPG
ワルミワニュスカ峠を見上げる。2日目は、3,000mのキャンプ地から峠まで、約5時間は登りとなります。
14.JPG
ワルミワニュスカ峠(標高4224m)から1日目のキャンプ地ワイリャバンバをはるか下に望みます。
15.JPG
峠を越えてパカマヨ・キャンプへ。

関連ページ

ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡... “聖なる泉”タンボマチャイ遺跡 ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。 クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。 この泉は、インカ時代から...
ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証... ペルー・インカトレイル入山許可証2018:販売開始 マチュピチュ遺跡へ歩く3泊4日のテント泊トレッキング「インカトレイル」の入山許可証(2018年)が販売開始されました。 入山人数が1日200名に限定されているインカトレイルは、世界中のトレッカーの憧れのルートです。そのために販売開始されると...
ペルーを代表する国民飲料「インカ・コーラ」とは... 世界中どこでも手に入るコカ・コーラ、もちろんペルーでもポピュラーだが、ペルー生まれの“インカコーラ”には太刀打ちできない。 ペルー人のお家に招かれると、まず“INCA OR COCA?”と聞かれる。 これは「飲み物はインカコーラと普通のコーラどちらにしますか?」という意味で、ほとんどの人...
【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!... ペルー・ブランカ山群 5月から9月、ペルーとボリビアのアンデス山脈が乾季に入ります。 山を歩くにはベスト・シーズンです。 日帰りハイキングからテント泊トレッキングまで、様々なプランがあります。 テント泊のトレッキングでは、キャンプ装備・食事・荷物の運搬など、トレッキングを円滑に運営するための手配が...
ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...
ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景... ナスカの地上絵の歴史と発見 ナスカの地上絵は世界で最も乾燥した大地に描かれた巨大な絵です。なぜ・誰のために描かれたのか今なお謎に包まれた地上絵は、ペルーで必ず訪れたい場所の一つでしょう。 上空から双発機で望む遊覧飛行では、想像以上に間近に地上絵をよく見ることができます。それぞれの絵をよく見る...

雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

インカトレイルの魅力② サヤクマルカ遺跡~マチュピチュ遺跡

パタゴニア

関連記事

  1. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  2. 【ペルー・アンデス】トレッキング・シーズンが始まります!

    2013.02.14
  3. マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング

    2018.10.16
  4. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  5. ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ

    2016.07.28
  6. 《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し

    2018.06.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP