Loading

風景写真家・松井章のブログ

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

1.jpg
2.jpg
石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。
神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。
マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重しているように見える。それは畏れの感情に近いのかもしれない。
日本でも里山に行けば、ご神体として祀られた巨石がたくさん見られるのと似ていると思う。巨石に畏れを抱き敬うのは、人類の原初的な何かによるのだろうか。
こうした精巧な石組みも、マチュピチュでは一部のみだ。多くの居住区域や段々畑は、その重要度に応じて精度も変わる。
なによりも、背後のワイナピチュ峰とセットに俯瞰する典型的な風景にこそ、マチュピチュの普遍的な魅力を感じている。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

関連記事

  1. アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

    2017.10.11
  2. 【動画】マチュピチュ絶景ガイド:インカ文明の傑作を巡る

    2021.05.24
  3. マチュピチュ遺跡を巡る②:迷路のような遺跡内部“市街地”へ

    2020.09.16
  4. アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ

    2015.08.07
  5. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡へ(テント泊トレッキング)

    2018.05.21
  6. ラクダの楽園でアルパカと出会う/ペルー・コンドルの谷へ①

    2021.01.16
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP