Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

1.jpg
2.jpg
石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。
神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。
マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重しているように見える。それは畏れの感情に近いのかもしれない。
日本でも里山に行けば、ご神体として祀られた巨石がたくさん見られるのと似ていると思う。巨石に畏れを抱き敬うのは、人類の原初的な何かによるのだろうか。
こうした精巧な石組みも、マチュピチュでは一部のみだ。多くの居住区域や段々畑は、その重要度に応じて精度も変わる。
なによりも、背後のワイナピチュ峰とセットに俯瞰する典型的な風景にこそ、マチュピチュの普遍的な魅力を感じている。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く... トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。 稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。 ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパ...
マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング... 世界的な人気を誇るトレッキング・ルート:インカトレイル インカ時代の古道を歩き、マチュピチュ遺跡へ3泊4日のテント泊トレッキングで目指す「インカトレイル・トレッキング」は世界的に人気のコースです。 欧米では、世界で最も歩きたいトレッキング・コースの一つとして必ず挙げられるほどに有名なルートで...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...
《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング... 大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。 その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。 このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連...
マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ「デルフィン号」とは

    2017.05.30
  2. ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

    2015.07.10
  3. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  4. ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ

    2017.12.11
  5. ペルー・アンデス山脈のセーター植物:高原サボテン

    2018.06.29
  6. マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング

    2018.10.16
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP