Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

1.jpg
2.jpg
石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。
神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。
マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重しているように見える。それは畏れの感情に近いのかもしれない。
日本でも里山に行けば、ご神体として祀られた巨石がたくさん見られるのと似ていると思う。巨石に畏れを抱き敬うのは、人類の原初的な何かによるのだろうか。
こうした精巧な石組みも、マチュピチュでは一部のみだ。多くの居住区域や段々畑は、その重要度に応じて精度も変わる。
なによりも、背後のワイナピチュ峰とセットに俯瞰する典型的な風景にこそ、マチュピチュの普遍的な魅力を感じている。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間... 南米で山歩きをするとなると構えてしまう方もいるでしょうが、体力や経験や日数に合わせて、ライトな日帰りハイキングから、ハードな縦走トレッキングまで、三者三様の旅を作ることができます。もちろん、遺跡内を中心に歩く観光もお勧めですが、ご希望があれば、マチュピチュを「歩く」プランも手配しています。 ...
インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは... インカの段々畑「アンデネス」とは アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。 この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。 山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。 ...
マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」... マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります 1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。 インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。 参道のような佇まいです。 目...
南米アンデス・トレッキング④:専属ガイド同行『インカトレイル』... テント泊インカトレイル・トレッキング ①ではマチュピチュの「日帰りハイキング」、③ではテント泊インカトレイルの“混載ツアー”を紹介しました。 今回は、3泊4日のインカトレイルを、“専属ガイド同行の貸し切りツアー”で歩くトレッキング・ツアーを紹介します。 会社の休みが最大でも8~10...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...

サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

パタゴニア

関連記事

  1. インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

    2013.04.18
  2. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
  3. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  4. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  5. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  6. インカトレイルの魅力② サヤクマルカ遺跡~マチュピチュ遺跡

    2013.04.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP