Loading

風景写真家・松井章のブログ

マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング

5.jpg


マチュピチュの背後にそびえる“ワイナピチュ”峰。
山頂まで続くインカ時代の石組みを見ながら、階段状の急坂を登ります。
防塁のような石組みと段々畑を登るにつれて、マチュピチュが眼下に現れ、その周りをぐるりと囲むように流れるウルバンバ川の大屈曲部も望めます。
山そのものがご神体であったとしか思えないその存在感は、山頂から見下ろすマチュピチュ遺跡を見れば、さらにその思いも強くなるでしょう。
見かけほどには大変さはなく、標高差約250mを、登りは約50~80分で登ります。
慎重にゆっくりと、ガイドとともに登れば安全に登れます。
※登れるか心配な方は、ご相談ください。体力・経験次第で条件は異なります。
※ワイナピチュ峰は、入山人数が制限されていますので、弊社の手配で事前に予約が必須となります。
<アンディーナトラベルのマチュピチュ旅行>
弊社のマチュピチュ旅行では、全て「リマ発着・専属ガイド同行」となります。
リマとクスコでは、別々の専属ガイドがそれぞれ同行します。
クスコ空港で合流した日本語ガイドは、マチュピチュ遺跡もご案内します。
●弊社URL:https://www.andina-travel.com/peru1.html
6.JPG
4.jpg

乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

関連記事

  1. ペルー・アンデス山脈のセーター植物:高原サボテン

    2018.06.29
  2. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
  3. マチュピチュへ歩く!インカトレイル・トレッキング:5つのポイント

    2019.09.06
  4. 【ペルー】クスコ滞在も楽しむ

    2013.07.17
  5. 【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」12月号

    2021.11.19
  6. インカ文明を支えた農作物「トウモロコシ」の不思議

    2022.07.04
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP