Loading

PHOTO-BLOG

【マチュピチュ】インカトレイルの入山許可証<テント泊トレッキング&1日ハイキング>

10.jpg
マチュピチュ遺跡を訪問するのであれば、ぜひ観光するだけではなく、歩いていただきたいと思っています。
①「ワイナピチュ峰」と「太陽の門往復」
ちょっと歩くだけで良いのであれば、マチュピチュの背後に「ワイナピチュ峰」や「太陽の門往復」のハイキングでも良いと思います。ワイナピチュは、急な登りであありますが、見かけほど大変ではありませんので、ゆっくり登れば確実に1時間半ほどで山頂に着きます。
※ワイナピチュも入山人数規制がされていますので、事前に予約が必要です。
②「終日インカトレイル・ハイキング(徒歩約6時間)」
鉄道を下車して、104km地点から歩きます。谷底の線路から、午前は中腹のウィニャイワイナ遺跡まで、午後は太陽の門まで、登りが続く歩きごたえのあるハイキングです。このハイキングは、「インカトレイル」に入りますので、入山人数制限の対象となり、入山許可証を事前に購入する必要があります。③「テント泊トレッキング」と同じ枠内となり、出発の約4ヶ月前には完売になるケースが多いです。トレッキング・ガイドの同行が義務付けられています。
③「テント泊インカトレイル・トレッキング 4日間」
3泊4日のテント泊トレッキングは、一方通行のトレイルを、限られた人のみが歩ける贅沢なトレッキングです。世界中からトレッカーが来るために、②と同じく早めの購入が必要です。4日間歩いて、太陽の門をくぐり、マチュピチュを展望する時の感動は歩いた方のみが味わえる特権です。
②と③は、「インカトレイル」に当たるため、入山許可証を事前に購入する必要があります。1日の入山人数は200人に制限されています。この200人分の入山許可証は、乾季4月~10月は出発の約4ヵ月前には完売してしまいます。とにかく早目に日付を決定して入山許可証を買わなければならないので、ハードルは高いですが、②③のトレッキングには、その価値が十分すぎるほどにある貴重なものです。
毎年2月に1カ月のトレイルのメンテナンス期間を経て、4月以降の入山許可証の販売開始は1月下旬となります。4~9月のインカトレイルをご検討中の方は、なるべく早めの確保が必要です。
【参考リンク】
●「花も豊富なインカトレイル」:http://calafate.seesaa.net/article/381803312.html
●「山岳展望も楽しむインカトレイル」:http://calafate.seesaa.net/article/373481877.html
●「インカトレイルの魅力①」:http://calafate.seesaa.net/article/355918901.html
●「インカトレイルの魅力②」:http://calafate.seesaa.net/article/356224375.html
●「マチュピチュ歩く!インカトレイル」:http://calafate.seesaa.net/article/300064639.html
●「もう一つのインカトレイル。サルカンタイ・トレイル」:http://calafate.seesaa.net/article/283655373.html
●弊社WEB:https://www.andina-travel.com/peru1.html
11.JPG
ウィニャイワイナ遺跡<テント泊または、終日ハイキングで見学可能>

関連ページ

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
ペルー・白亜の古都:アレキパの街角を歩く... ペルーの白亜の古都:アレキパ ペルーのクスコに次ぐ美しさを誇る街といえば、アレキパが挙がるでしょう。 白亜の都市とも呼ばれるアレキパは、白壁の旧スペイン・コロニアル調の建物が並ぶ古都です。 スペイン人の侵略の前にも、インカ帝国の時代から都の一つとして栄えてきました。 アレキパ...
ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ「デルフィン号」とは... アマゾンを巡る「探検クルーズ船」が、ペルーで人気です。 アマゾンという苛酷なイメージとは異なる、5星ホテル並みの豪華サービスでの快適な船旅です。 クーラーを完備した船内設備、専属シェフによる食事とともに、アマゾンの奥深くへ、わずか3・4日(イキトス発着)で往復することができます。...
マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...
ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」... ペルー料理のランチを食べに恵比寿の「ミラフローレス」へ。 閑静な住宅街に品の良い立派なレストランです。 “ミラフローレス”とはペルーのリマ新市街の地域名です。そのミラフローレスに、いかにもありそうな格式ある雰囲気です。 ランチセットは10品もあり、どこのペルー料理レストランとも同じ...
ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック... 世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ 人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることがで...

パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

パタゴニア

関連記事

  1. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  2. ペルー・マチュピチュ遺跡:朝日と夕日がもたらす神秘的な絶景

    2016.11.22
  3. ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」

    2016.03.18
  4. ペルー・インカ帝国の古都クスコ:スペインとインカ融合のシンボル

    2019.01.17
  5. ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイの朝日・夕日を定点観測

    2016.11.02
  6. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP