Loading

PHOTO-BLOG

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

1.jpg
2.jpg
アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。
立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。
そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。
ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナイ村産の商品が並ぶのだ。手織りの織物の染料には天然素材を使っているので、素材展示コーナーもある。
お土産にも、生産者の顔が見える方が、思い出になるだろう。
これらの利益は、ミスミナイ村の貴重な現金収入の一つだ。
アンディーナトラベル手配の「インカトレイル・トレッキング」では、ポーターを担当するのも、全てミスミナイの村人だ。テントや食器、そしてトイレまでも全て運んでくれる。毎回、同じ村からポーターが来ることで、安心して荷物を預けることができる。
こうして、インカトレイルの売上の一部も、ミスミナイ村の貴重な現金収入の一つとなるのだ。
ツーリズムの経済の循環から、地元ケチュア族の村々が取り残されないような仕組み(リスポンシブル・ツーリズム)作りの先駆けとして、ミスミナイ村はツーリストを率先して受け入れている。
●ミスミナイ村プロジェクト:
 https://www.andina-travel.com/peru2.html#misminay
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

関連記事

  1. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
  2. ペルー・インカトレイル・トレッキング完全ガイド③:装備編

    2019.09.26
  3. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  4. 巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡

    2015.07.24
  5. ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ「デルフィン号」とは

    2017.05.30
  6. 南米の“幻のラクダ”ビクーニャを撮影するベストスポット

    2019.08.09
パタゴニア
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP