Loading

PHOTO-BLOG

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

1.jpg
2.jpg
アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。
立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。
そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。
ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナイ村産の商品が並ぶのだ。手織りの織物の染料には天然素材を使っているので、素材展示コーナーもある。
お土産にも、生産者の顔が見える方が、思い出になるだろう。
これらの利益は、ミスミナイ村の貴重な現金収入の一つだ。
アンディーナトラベル手配の「インカトレイル・トレッキング」では、ポーターを担当するのも、全てミスミナイの村人だ。テントや食器、そしてトイレまでも全て運んでくれる。毎回、同じ村からポーターが来ることで、安心して荷物を預けることができる。
こうして、インカトレイルの売上の一部も、ミスミナイ村の貴重な現金収入の一つとなるのだ。
ツーリズムの経済の循環から、地元ケチュア族の村々が取り残されないような仕組み(リスポンシブル・ツーリズム)作りの先駆けとして、ミスミナイ村はツーリストを率先して受け入れている。
●ミスミナイ村プロジェクト:
 https://www.andina-travel.com/peru2.html#misminay
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

関連ページ

2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間... 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」 観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望

    2015.07.10
  2. マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング

    2015.03.11
  3. 《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日

    2018.08.22
  4. アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②

    2016.06.13
  5. インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

    2015.03.14
  6. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP