Loading

PHOTO-BLOG

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

1.jpg
2.jpg
ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。
谷を通り、マチュピチュ鉄道の駅のあるオリャンタイタンボへ。かつて城塞遺跡として周囲の谷に睨みを利かせた要衝だ。巨石の城塞遺跡オリャンタイタンボを中心に、スペイン統治時代に村が形成された。
村の中心には、古い石畳の通りが今も残る。細い路地に入り、民族衣装を着た人々の写真を撮る。
村外れのマチュピチュ鉄道の駅へ。鉄道に乗り換えて、マチュピチュを目指す。
車窓からは、インカ時代の遺跡を見ることができる。氷雪峰のベロニカも、天気が良ければ見えるだろう。
ウルバンバ川に沿い、深い谷を徐々に標高を下げる。ウルバンバ川は、アマゾン川の源流の一つだ。谷の空気は、アンデス高原の乾燥した空気から、アマゾンの影響を受けた湿り気のある空気に変わっていく。
3.jpg
4.JPG
5.jpg

関連ページ

アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...
ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村... アンデスの農作業は、ほとんどが手作業だ。 鍬で土を掘り返したり、トウモロコシの皮を剥く作業を少しだけ手伝ったが、大変な重労働であった。 わずかでも、その土地の土や植物に触れあうと、見える世界も少し変わる気がした。 ミスミナイ村では、ハイキング、織物体験、農業体験、ホームステイ、乗馬体験...
マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...
マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』... 峻険な渓谷を見下ろす、天空の遺跡マチュピチュとは 峻険な岩山の尾根を覆うように建設されているマチュピチュ遺跡は、コンドルのように空から見なければ発見することができない、まさに“空中都市”です。 “空中都市”マチュピチュがハイラムビンガムに発見されたのは1911年でした。 その発端は、付...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...

先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存

マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

    2018.04.12
  2. もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

    2012.07.29
  3. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  4. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  5. アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン

    2017.10.26
  6. アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

    2017.10.11
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP