Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー

1.jpg
2.jpg
マチュピチュの日の出は少し遅い。
周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。
早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。
ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。
斜光線に照らされて、遺跡の建築物が浮き立つように陰影が鮮やかだ。
マチュピチュで最も美しい時間帯は、早朝と夕方の斜光線が差す時間だ。
アマゾンの大気の影響を受けることで、この地域は年間を通して雲が多い。
早朝や夕方に、斜光線に浮かぶマチュピチュを見れたのなら、それはとても運の良いことだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ

関連記事

  1. ナスカの地上絵とパルパの地上絵:遊覧飛行の新コース

    2019.06.14
  2. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

    2018.05.21
  3. ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡

    2018.04.08
  4. アンデスの山岳民族・ケチュア族の生活風景/ペルー撮影旅行

    2019.08.25
  5. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  6. ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証

    2017.10.17
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP