Loading

PHOTO-BLOG

マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー

1.jpg
2.jpg
マチュピチュの日の出は少し遅い。
周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。
早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。
ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。
斜光線に照らされて、遺跡の建築物が浮き立つように陰影が鮮やかだ。
マチュピチュで最も美しい時間帯は、早朝と夕方の斜光線が差す時間だ。
アマゾンの大気の影響を受けることで、この地域は年間を通して雲が多い。
早朝や夕方に、斜光線に浮かぶマチュピチュを見れたのなら、それはとても運の良いことだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

関連ページ

アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン... ペルー最高峰ワスカランを望むワラス町 乾季のアンデス山脈らしい金色の草原の向こうに、屏風のように荒々しく屹立する氷雪峰は、まさに「ブランカ山群」の絶景と言えるでしょう。 ヒマラヤ並みとも言える迫力の峰々は一ヵ所に集中しているので、効率良く名峰の数々を巡り、望むことができます。 基点...
ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...
《ペルー》もう一つのインカトレイル:サルカンタイ・トレッキング... 大迫力の山岳展望:サルカンタイ・トレッキング ペルー・マチュピチュ遺跡へ歩くインカトレイルは有名ですが、他にもマチュピチュへ向かうルートはいくつかあります。 その一つとして近年とても欧米人に人気があるのが「サルカンタイ・トレイル」です。 このトレイルは、マチュピチュ周辺の険しい渓谷が連...
アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち... アンデスの先住民「ケチュア族」の子供たち アンデス山脈を旅していると、子供達の目がキラキラしていることに気づくだろう。 不思議なほどに輝く目で、通りすがりの旅行者をじっと見ていたりする。何かを話しかけても答えられないほどにシャイだが、しかし遠くに離れるわけでもない。 何を話すわけでもな...
ペルー・ワイワッシュ山群:鋭鋒ヒリシャンカと星の軌跡... ペルー・ワイワッシュ山群の中でも、一際美しい山容を誇るヒリシャンカ(6094m) 標高4500mのキャンプ地で星空の撮影をしました。 見事なアンデス襞を湛える双耳峰・ヒリシャンカでは、どうしても星空の軌跡を撮りたいと思っていました。 星の軌跡で鋭い山容を浮き彫りにして、氷壁に張...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
  2. 【ペルー】クスコ滞在も楽しむ

    2013.07.17
  3. BS朝日で放映「5つ星☆小型客船で巡る!秘境アマゾン冒険クルーズ」

    2013.11.09
  4. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  5. アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

    2017.05.11
  6. ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

    2016.07.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP