Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)


暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。

特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。

雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。

ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。
パイネ山群の全容を望むのであれば、パイネ国立公園の中で最も良い立地だ。

ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

関連記事

  1. 降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア

    2015.04.15
  2. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  3. パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

    2018.01.27
  4. 春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

    2015.09.02
  5. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  6. パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

    2016.03.25
パタゴニア
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP