Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)


暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。

特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。

雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。

ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。
パイネ山群の全容を望むのであれば、パイネ国立公園の中で最も良い立地だ。

関連ページ

パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ... パタゴニアの渓流に生きるカモ パイネ国立公園のトーレスデルパイネ山麓、チレーノ小屋付近では、ときおり渓流にカモを見つける。 地元では、Pato de torrentesと呼ばれる。直訳すれば“荒瀬の水鳥”という意味だが、正確な名前は、Merganetta armata“ヤマガモ”だ。 その...
パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア... パイネ国立公園(チリ・パタゴニア)を代表する峰々といえば、クエルノ峰、グランデ峰、そしてトーレス・デル・パイネ峰の3つの山塊がメインだ。 その中で、グランデ峰は、たいてい山頂部に雲がかかっている。 国立公園の多くの展望台で、クエルノ峰とグランデ峰はセットで望めるのだが、グランデ峰の山頂部...
フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出... 朝3時、満点の星空を確認して、キャビンを出発。 村から10分も歩くと、人工の光のない本当の暗闇となります。ヘッドランプの光を頼りに真っ暗闇を歩く。歩き慣れた道なので、ちょっとした地形の変化で現在位置も分かるので、鼻歌を歌いながら闇の中を歩く。なんて自分は幸せなのだろうとしみじみ感じられる瞬間で...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート... 秋、4月の夜明けは遅く、朝8:00過ぎに山に日が差し始めます。 12~2月には早朝に見ていた、フィッツロイに当たる朝焼けのモルゲンロートも、この時季であれば余裕を持ってみれるでしょう。 “繚乱”という言葉が適するほどに、一瞬の光はフィッツロイを、赤から金へと色を変えながら染めてゆきます。わず...

ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  2. パタゴニアの名峰セロ・トーレの静寂と暴風:フィッツロイ山群

    2016.11.12
  3. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

    2015.11.05
  4. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  5. フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

    2015.05.06
  6. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP