Loading

PHOTO-BLOG

中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

1.jpg
2.jpg
「手の洞窟」から望むセロ・カスティージョには、先住民の視点を仮想する物語性があった。
セロは「峰」、カスティージョは「城」を意味するスペイン語だ。
中部パタゴニアも、アンデス山脈を境に太平洋側は降水量が多いので、セロ・カスティージョのすぐ南には、パタゴニア北部氷床が形成された。
フィッツロイやパイネ周辺の南部氷床と同じく、無数の氷河の水源地だ。
氷床の東側には、巨大な湖ヘネラル・カレーラ湖(チリ名)がある。アルゼンチン名は、ブエノスアイレス湖だ。湖の西岸には“青い洞窟”として少し有名な「カピージャ・デ・マルモル」がある。
湖の東岸に抜けると、気候は乾燥したステップ気候に変わる。パタゴニア独特の草原が果てしなく広がる。
南部パタゴニアまでは陸路で約20時間、この大草原がひたすら続く。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

関連記事

  1. パタゴニアの巨大な氷河湖の緑色を反射する雲

    2015.03.03
  2. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
  3. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  4. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  5. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  6. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
パタゴニア
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP