Loading

PHOTO-BLOG

2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

2011年10月~11月、ちょっとシーズン早めのパタゴニア。中部パタゴニアから、フィッツロイまで南下する旅行です。まずは中部パタゴニアの写真をアップです!
パタゴニア2011_323.JPG
チリ側の中部パタゴニア、セロ・カスティージョ
パタゴニア2011_105.JPG
patagonaとポテトpapasを合わせて、papagonia


パタゴニア2011_40.JPG
プエルト・モンからプエルト・アイセンへ。貨物フェリーで24時間。太平洋側は、天気も悪く風が冷たい。とてもパタゴニアで、ご機嫌な船旅でした。途中、とてつもない噴煙を上げる火山があった。空に屏風のように噴煙がモクモク上がっていた。
パタゴニア2011_94.JPG
コイアイケにて
パタゴニア2011_106.JPG
ハチミツ風味のビール
パタゴニア2011_109.JPG
チリのスープ、カスエラ
パタゴニア2011_110.JPG
パタゴニア2011_178.JPG
パタゴニア2011_129.JPG
セロ・カスティージョ
パタゴニア2011_206.JPG
パタゴニア2011_278.JPG
パタゴニア2011_299.JPG
パタゴニア2011_303.JPG
パタゴニア2011_269.JPG
この絵のほとんどが、ペンキで吹き付けた観光用のニセモノであるそうです。少なくとも、セロ・カスティージョ村の「手の洞窟」は・・・。それはともかく、気候の厳しいパタゴニアで、先住民がなぜここに住んだか理解できました。風が来ないのです。
パタゴニア2011_425.JPG
ヘネラル・カレーラ湖の観光スポット、カピージャへ。
パタゴニア2011_349.JPG
capillaは、礼拝堂という意味です。広大な湖のごく一部にだけ、石灰岩でできた不思議な岩石群があります。
パタゴニア2011_371.JPG
パタゴニア2011_408.JPG
パタゴニア2011_374.JPG
パタゴニア2011_376.JPG
パタゴニア2011_403.JPG
パタゴニア2011_415.JPG
パタゴニア2011_431.JPG
ヒッチアイクをする中野君。途方にくれましたね~。音楽に国境はないのだと実感しました。
パタゴニア2011_451.JPG
パタゴニア2011_488.JPG
さらに東へ10キロほど行くとアルゼンチン。湖の名前は、ブエノスアイレス湖となる
パタゴニア2011_488.JPG
パタゴニア2011_518.JPG
遠く対岸にセロ・カスティージョを望む
パタゴニア2011_509.JPG
大きな空
パタゴニア2011_538.JPG
ロスアンティグオス村の愉快な人たち

関連ページ

数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア... パタゴニアが日本人のために作った雨具「クラウドリッジ・ジャケット」 パタゴニア社から新作の雨具「クラウドリッジ・ジャケット」が発売されたので早速購入して、山で使用しています。 このジャケットは日本人が主導で開発した、日本の多湿な環境で快適に過ごすことをコンセプトに、日本人に向けに開発され...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日... 夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。 その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。 赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なの...

クリスティーナ再選

2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

パタゴニア

関連記事

  1. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  2. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  3. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  4. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  5. キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.25
  6. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP