Loading

PHOTO-BLOG

チリ・パタゴニアのダム建設に、NO!

アルゼンチン・パタゴニアを代表するロス・グラシアレス国立公園を歩くと、人工物がほとんどないことに気付きます。その非管理は徹底的な管理とも言えるほどで、16年前に私が初めて泊ったキャンプ場は今でもほとんど変わっていません。人間の影響を最小限に抑えるという方針だからでしょう。
一方、チリを代表するパイネ国立公園は、年々変化しています。宿泊施設の整備や荷物を運ぶポーターの決まりなど、目に見える形で経済性も踏まえて管理しています。もちろん便利で快適になりましたが、少し残念でもあります。かつて暴風の中でキャンプをした場所に今では立派なロッジが建ち、雰囲気が変わってしまったからです。
2つの隣接する国立公園の管理法が全然違うことに驚かされます。国境を越えると、国はぜんぜん違うという当然のことを改めて実感します。
今チリ側のパタゴニアで、大きな問題が起こっています。中部パタゴニアの原生林の中を流れる川に、ダムを作る計画です。南米の中でも特に政治・経済が安定していることで、開発が急ピッチに進んでいるのです。このダムは水力発電用に建設されるもので、その電力は遠く2000キロ離れた首都・サンティアゴに送電されます。その2000キロの送電線の建設のために、森も切り開くことになります。
ダムが川に、伐採が森に与えるインパクトやその後のさらなる開発を考えると、今後のパタゴニアの環境行政の方向性を問う大きな問題となるでしょう。ダム反対運動は日に日に大きくなってますが、国策なのでチリ政府は何が何でも実行するような気がします。現在チリ経済は好調で、外資をどんどん取り込んで発展著しい国です。
中部パタゴニアの大牧場を駆ける牧童(チリ名:バケリート、アルゼンチン名:ガウチョ)達が集まり、馬でのデモを行ったりしています。それを見てると、なんだか泣けてきます。一部の中央政府の利益のために、地域が分断される構図は世界で共通だからです。
それはまた日本はどうなのか、と考えることにもなります。長良川河口堰、諫早湾干拓、二風谷ダムなど、お金を優先して自然を半永久的に破壊した例は、日本に無数にあるからです。この小さな島国が、敷設した舗装道路の長さでは、世界一(!)であるそうです。どれだけ開発優先であるかがわかります。それに加えて、52基もある原発まで抱えています。
遠い日本にいる私達が心配してもどうにもなりませんが、知って見つめることはとても大事な気がします。
ご興味のある方は、下記リンクを読んでみてください。
●Without dam
http://www.patagoniasinrepresas.cl/final/index-en.php
●スペイン語版(Sin represas)
http://www.patagoniasinrepresas.cl/final/index.php
●パタゴニア社ブログ
http://www.thecleanestline.jp/2011/05/chilean-government-seals-fate-of-wild-rivers.html
パタゴニア2011_323.JPG
中部パタゴニアの名峰、セロ・カスティージョ

関連ページ

パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。 ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。 氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。 コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見え...
パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②... 秋のフィッツロイ山麓は、とても静かだ。 風の音だけを聞きながら、フィッツロイを望めたなら、この上ない幸せだ。 紅葉の主役である南極ブナは、環境に応じて姿を変える。 ハイマツのように背の低いのもあれば、森を形成する大木もある。 ...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...

先住民の伝承による、山や土地の名前

【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望む

関連記事

  1. パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由

    2017.05.17
  2. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  3. パタゴニアをもっと深く旅するために

    2013.01.25
  4. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

    2015.10.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP