Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊


世界で一番美味しいとも言える、パタゴニアの羊は、アルゼンチン流のBBQ“アサード(パリーシャ)”で食べたいところです。

アルゼンチンの食の代名詞ともいえる“羊のアサード(パリーシャ)”が、最近ではチリ側でも食べられるようになりました。

密かに確実に、パタゴニアの羊は注目されているのでしょう。

マゼラン海峡の畔・プンタアレナスで、美味しいアサードを食べるのなら、“ロス・ガナデーロス”をお勧めします。チリでは馴染みのなかったアサード(BBQ)を食べられるようになったのはごく最近の事です。

ここでは、アルゼンチンのようにどっさりと盛ってくるのではなく、あばら・もも・背中の3か所のお肉を、コース・ディナー形式で一つずつ出してくれます。もちろんボリューム満天。

そして、ビールを飲むのであれば、パイネ国立公園の名峰・クエルノをシンボルにした「アウストラル・ラガー」をまずお勧めします。

近年のツーリズムの大発展は、食の発展という副産物をチリ・パタゴニアにもたらしてくれています。



関連ページ

パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード... パタゴニア特産の羊 パタゴニアでは針峰群と氷河、草原しかイメージされませんが、実は「食」でも世界で唯一の素材を持っています。 それは「羊の焼肉(アサード)」です。グルメを自負する何人ものお客をご案内して、必ず絶賛する「美食」です。 アルゼンチンの食文化が「肉」に特化していることも大きく...
パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...
世界一美味しい羊肉:パタゴニアの「アサード」とアルゼンチン料理... 羊の国「パタゴニア」 アルゼンチン・チリ両国に広がるパタゴニアの大草原には、人よりも多くの羊がいます。 わずか百数十年で激増した羊は、パタゴニアに生えるコイロン草を好物とします。そして良質な羊毛を産出することから、20世紀初頭に牧羊が爆発的に発展しました。 このコイロン草を食べる羊は、...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...

パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス

パタゴニア-マゼラン海峡から、プエルトナタレスへ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

    2015.08.24
  2. 旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』

    2012.10.17
  3. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  4. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  5. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
  6. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP