Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊


世界で一番美味しいとも言える、パタゴニアの羊は、アルゼンチン流のBBQ“アサード(パリーシャ)”で食べたいところです。

アルゼンチンの食の代名詞ともいえる“羊のアサード(パリーシャ)”が、最近ではチリ側でも食べられるようになりました。

密かに確実に、パタゴニアの羊は注目されているのでしょう。

マゼラン海峡の畔・プンタアレナスで、美味しいアサードを食べるのなら、“ロス・ガナデーロス”をお勧めします。チリでは馴染みのなかったアサード(BBQ)を食べられるようになったのはごく最近の事です。

ここでは、アルゼンチンのようにどっさりと盛ってくるのではなく、あばら・もも・背中の3か所のお肉を、コース・ディナー形式で一つずつ出してくれます。もちろんボリューム満天。

そして、ビールを飲むのであれば、パイネ国立公園の名峰・クエルノをシンボルにした「アウストラル・ラガー」をまずお勧めします。

近年のツーリズムの大発展は、食の発展という副産物をチリ・パタゴニアにもたらしてくれています。



関連ページ

北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡... ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。 往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。 車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。 地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。 展...
パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
パタゴニアの牧童ガウチョの騎馬祭:ヒネテアーダ... 2月上旬のパタゴニアでは、太陽は22:00頃過ぎにやっと沈み、しっかりと暗くなるのは0時を過ぎてからです。 短い夏を惜しむかのように、各地でお祭りが開催されます。 カラファテで見学したお祭りは、ヒネティアーダというガウチョの騎馬祭です。騎手はポンチョや民族衣装に身を包み、お祭りの競技では女の...

パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス

パタゴニア-マゼラン海峡から、プエルトナタレスへ

パタゴニア

関連記事

  1. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  2. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  3. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  4. フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

    2017.10.20
  5. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  6. パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

    2017.09.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP