Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

1.jpg
静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。
最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。
テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。
賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテンで良いが、こんな食事もたまには良い。
神々しいが寒々しい外気から守られて、暖炉で薪のはぜる音を聞きながら、のんびり過ごせるのはパタゴニアでは最大の贅沢かもしれない。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
9.jpg
8.jpg

関連ページ

アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力... クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。 ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。 宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室とな...
パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態... 南米の4種類のラクダとは 「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。 アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクー...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①... 先住民テウエルチェ族は、かつてパタゴニアに広く住んでいた大きな部族だ。南はマゼラン海峡から北は中部パタゴニアまで南北約1,000キロほどになる。 「手の洞窟」は、彼らの遺した数少ない遺物の一つだ。 岩屋(または洞窟)の壁面に、手形が描かれている。これは手を壁に当てて、鉱物の絵の具を吹き付ける...
パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  2. プライベートキャンプ利用でフィッツロイをさらに満喫

    2014.07.01
  3. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  4. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  5. オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

    2017.12.28
  6. チリ・パタゴニアのダム建設に、NO!

    2012.09.06
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP