Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在

1.jpg
静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。
最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。
テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。
賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテンで良いが、こんな食事もたまには良い。
神々しいが寒々しい外気から守られて、暖炉で薪のはぜる音を聞きながら、のんびり過ごせるのはパタゴニアでは最大の贅沢かもしれない。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
9.jpg
8.jpg

関連ページ

パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて... ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。 ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。 牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。 静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ...
クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在... クリスティーナ牧場は、広大な敷地の中にたった3棟だけのキャビンを持っている。 1棟に2部屋あるので、全部で6部屋しかない。 宿泊者は最大でも12~16名しか泊まれないのだ。 夏のハイシーズンには、満室の日が多いのは当然といえば当然だろう。 ウプサラ氷河を陸地から展望できるのは、牧場の敷地...
パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...
北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...

クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

関連記事

  1. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  2. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  3. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
  4. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. 姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2015.06.14
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP