Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

パタゴニアの春の象徴:アネモネ

まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。
新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です

いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花といえば、「アネモネ」でしょう。

パタゴニアの森を形成する南極ブナは、樹齢100年ほどで風に倒されて最後を迎えます。
その森にぽっかりとできた日当たりの良い空き地に、アネモネの群落を見つけることができます。

森の隙間の日当たりの良い場所はトレッキングの休憩場所でもあるので、木陰にザックを置き一息つくときに、きっとアネモネが目に付くことでしょう。群落でクリーム色の大きな花を咲かせるので、とても目立つのです。

フィッツロイ山麓では、とくアネモネを見かけるのはセロトーレ展望台に向かうトレイルです。
11月~12月のパタゴニアの春を代表する花の一つです。
*名称Anemona (Centella) / 学名:Anemone multifida

関連ページ:パタゴニア

パタゴニア専用ページ

関連ページ

ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...

ガラパゴス諸島のアイドル:アオアシカツオドリの生態

パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  2. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
  3. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
  4. パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

    2015.09.19
  5. フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング

    2014.11.26
  6. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP