Loading

PHOTO-BLOG

南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

1.jpg

南極ブナの森に生きる大型キツツキ

パタゴニアのマゼラン・キツツキは、南米で一番大きなキツツキだ。
南極ブナの森だけに棲息する。
フィッツロイ山麓では、割と簡単に見つけることができる。
誰もいない森の中でじっとしていれば、コツコツと木を突く音が聞こえてくる。
木の幹に潜む虫を捕らえるために突いているのか、あるいは巣作りをしているのか。
この森に響くキツツキの音は、縄張りの主張や、つがいの位置を確認しあうためにも利用されている。
2.jpg

パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

関連記事

  1. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  2. 春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

    2015.09.02
  3. パタゴニアの民族史② 牧場(エスタンシア)の開拓民

    2013.02.09
  4. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  5. レオナ牧場③草原を抜けて、展望のビエドマ湖へ

    2015.10.22
  6. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP